Goldman:銀行救済は$4兆に達するかもしれない

投稿者: whitegru3

CNBCで話されたGoldmanのリサーチ・ノートに、米銀行救済作業の勘定の総合は最高$4兆に達する可能性があると言っている。

米金融企業の信頼を回復するコストは$4兆に達するかもしれない、もしObama大統領が不良資産を購入する”Bad Bank”で考えを進めるなら。

その数字はどれだけそのローン損失が大きくなるだろうと一番悲観的な推測でさえ越える。それはデフォルト率に非常に大きな不透明感があるからである。ということは政府は心配を和らげるためにかなり大きな部分の銀行の負債を取得するかもしれないという意味である。

Goldman Sachsのエコノミストたちは、理想的に公的部門がその価値がつけづらい資産を取り除くために踏み入れるだろうと言った、それが将来の損失に付きまとう心配を軽減することだろう、そして期待できれば再び貸し出しする助けになる。

『残念ながら、モーゲージ・クレジットの前例のない崩壊と広範囲に渡る深刻なリセッションでほとんど全ての資産でかなりの不透明感がある。

Goldman Sachsは、問題のあるモーゲージと消費者負債を購入するには$4兆程かかるだろうと推測する。その数字は、もしそのプログラムがある特定のローンと銀行がけに制限されると縮小する可能性がるが、もし他の資産階級、商業用不動産ローンなどが含まれると増える可能性もある。

NY上院Charles Schumerは、多数の専門家が不良資産を購入するのに最高$4兆必要になると思う、と言った。推測はその業界の人との非公式の会話に基づいていると上院の補佐官が言った。

その正犯者がもっと金をひどく必要としていることから、その業界の人との非公式の会話はロビー活動と機能的に等しい。

今では、認めざるを得ないことだが、Nouriel Roubini、これまでこの危機の軌道を当てる上で悲観的でかなり正確、は総合証券、ローン損失は$3.6兆に固定している。しかし彼はそのうち$1.9兆だけが米系企業からで彼の合計は非証券化ローンを含み、そして商業用不動産ローンも含んでいるようだ、それはGoldmanのリサーチには除外されている。

誰がRoubiniの2倍もの不快な数字を釈明できるのか知りたい。

そしてもしGoldmanの数字を信じる人がいても、実際問題:それだけの金が使われるのかどうにもありえない。日本型部分的な治療法で足を引きずりながら歩くことになる。米国の公的機関は、危機で傷ついた個人にかなりの支出の不在では銀行へのその水準の支出は許さない。よって平等に見るには治療法に追加で$数兆を加える必要がある、又は少なくともひどくゆがんだ程度でなく。

そして作成中のObamaの計画で2段目の可能性ある問題がある、すくなくとももし出回っているそのレポートがほんのわずかも正確であれば。

計画の概略が循環している、不良資産を購入する”Bad Bank”のための資産を準備するためにTARP資金の$100Blnを使って、たとえば、Fedからの$900Blnのローンで新しい事業体に$1兆+バランス・シートを与える。BloombergにはFDICがこの管轄に置かれると言っている。

どうみても、FDICがそれを管理するという考えは少し疑わしい以上である。なぜならFDICは高度な商品を管理した経験がない(デリバティブは言うまでもなく)、そして経験のあるクレジット持ち札はFDICから長年立ち去ってしまった。1年前にFDICの銀行清算グループ、1992年には7000人の数で、200人で全てであると言われた。よってFDICの管理ということは単にBlackrock, GS, Pimcoへのより多くのビジネスという意味であろう、それが活気のないFDICの職員の収集により監督される。もっと複雑な政府所有の資産を自己のポートフォリオの試験例として取引する間”Shila Mods”(ローン修正)をすることは疑いないだろう。率直に言えば、FDICとその他の監督機関は高度のポートフォリオを持つ銀行調査する技術を持っていない、それらのポートフォリオを自分たち自身で管理する事は言うまでもなく。

昨年にFDICによって取得された数十億の資産と–それらのほとんどが簡単なクレジット–FDICがどれだけ売却することができた?ゼロのようである;今日で清算についてFDICが理解していることはプライベート・エクイティーに売却することだけである、その間外見上の全体のリスクを保持する。

あまり詳細はないが話されていたその計画のもう一つの要素で、Bad Bankがローン修正をするということがある。聞いた一つの理論として:

そのBad Bankは、今では切り裂かれ細かく刻まれてエキゾチックな証券になってBad Bankのバランス・シートに座っている個々の住宅所有者のモーゲージの借り換えをするために解雇されたモーゲージ・ブローカーを雇う。これは巨大なかたまりの不良資産を所有しなければ可能ではない、なぜなら切り刻まれたモーゲージの要求はグローバル銀行システムのすべてに散らばっているからである。鑑定は償却資産の状況下で免除される、そして元金は原価償却される。これには住宅保有者が金融業者に元金の減価償却の代わりになんらかの将来の物件の評価益権を供与することを含む。

モーゲージ証券化を理解する上で、これは法律的には大部分のケースでうまく行かない、ローン修正を制限した書類を提供しているところでは。注:3つの一般の種類がある:修正に制限なし、修正はそのプールのある比率まで許可、制限なし。サービサーは真正な修正の方法ではほとんど何もしていないように見受けられる。(支払い-追いつき-プランは修正の定義には含まれない、それでも修正の水準のサービスが報告される。)そしてその実際の問題が報償の不足なのか疑問が残る、いくつかのプールには修正に制限がないことからも(それらはフォークロジャーに関係する仕事には支払われるが、修正には支払いがない)

よってどうしてこのすばらしいプランが働かないのか?理解していることによると修正の制限がある契約は、それらを引き起こすにはその契約すべてのトランチの保有者の少なくとも大多数の賛成が必要(あるケースでは2/3又は3/4)。

米国銀行はほとんど、銀行資本規制のその有利なリスク加重のために一度はAAAペーパーであった物を保有する。その資産トランチは通常パッケージしたところに止まっていた、それが多くのケースで投資銀行であった。よってその集積者の銀行がそのトランチの十分高い比率を取得することができた。

しかしその中間トランチが全ての多くのプレーヤーに行った、そしてサブプライム証券化、多くがCDOに行った。そして2006年から先は、ほとんどのCDOは海外で売却され、たびたびあまり高度でないプレイヤーに行った。(ドイツの Landesbanken)

さてこの種類のローンが修正ができるかわかるだろう、なぜならその証券を公式の計画の一部として保有しているからである。そしてそうであれば、その計画の設計の意向と能力を疑問に持たなければいけない。

広告