Wall Streetは$40万の給料上限の脅迫に震える

投稿者: whitegru3

今日、ミズーリ州上院Claire McCaskillは、重役への給与、ボーナス、株式オプションを制限する法案を紹介した、救済資金の金融会社の受取人は大統領の水準の支払い、現在$40万に。

McCaskillの提案はどこにも行きそうにない。彼女は財政又は歳出委員会のメンバーでない、よって彼女の提案は重大な率先よりかは船首前方への威嚇射撃である。そして”executive”(幹部)が一般的に5人の最高所得企業の幹部職と定義されていることから、その報酬は委任勧誘状にリストされている、それはほんのわずかささいな数の職員に及ぶ。

しかし彼女の法案はたくさんのメディアの報道を受けている。と言うことは、それは交渉の出発点になる可能性がる。それは公共の面からは基準になった。

それで、それがどれくらい道理をわきまえている?その問題はその業界の大変少ない人数の人が悪い時期がどんなであったかなにも記憶がない、そして過去数年はひどく金持ちだった(報酬の観点から、リスク調整済の業績ではない)、業界の参加者の現実感をゆがませるように。その寛大さを導く理由は、本当に優秀な人間がヘッジファンドに姿をくらまし、それで報酬がその水準まで徐々に上がらなければいけなくなった。(前Goldmanの共同会長John Whiteheadはバブルがsのピークにあったときにその考えを相手にしなかった)

覚えておかなければいけないのは:NYで2008年に支払われたボーナスは、大手国内プレイヤーとほとんどの大手海外企業(こようの大部分を構成する)が政府のライフ・サポートになっていた時、2004年とほとんど同じ水準であった、それは良い年であった、が優れた年ではなかった。現在と比べての頭数の違いは確かではない;ベアースターンズ、Lehman、そして業界全体でおおおくの人数が切られた、2004年の水準をかなり上回っているとは信じがたい。

一般に、人々は報酬についてはあからさまではないから(そしておまけに誇張する傾向がある)ここではわずか2~3のデータしかないが、それらは適切であろう。

ドット・コムの崩壊はWall Streetには悪かった。参考までに例をあげると:2002年にサーチ・ビジネスで働いていた人が、彼のデスクの後ろの事務用のキャビネットがあり、そこに未開封の手紙の2つの束があった。そのおのおのが1メートルの高さ。それが何かと尋ねると、莫大な量の職探しの手紙であったという。(彼の会社は小規模の会社であった)彼はその手紙を開けようともしなかった、それは彼が多くの優秀な人を知っていて、見つけることができるからで、その手紙は未知数でそれらを振り分ける理由がなかった。

それで、かれはそれらを取っておいた?人脈がある誰かが彼に電話をし、その人の友人の履歴書を受け取ったか尋ねられた場合のために。それで彼はその山をひっくり返してそれを見てみる。

ひどく打撃を受けたビジネスの一つは合併買収(M&A)だった。M&Aは手数料ビジネス;プロフェッショナルは間接経費がある(給与、旅行、秘書、コンピューター、ソフトウェア、データベースにアクセスするための)しかしそれらは資本は使わないそしてトレーディング・オペレーションよりインフラは必要がない(トレーディング・ステーション、データ・フィード、たくさんのソフトウェア、バリュエーション・モデル、リスク・マネージメント、販売力、バック・オフィス)今では明らかに、ブーム・サイクルに(1980末期と過去数年)Wall Streetはこの良いモデルをむちゃくちゃにし、そのバランス・シートをリスクをとることでM&Aを援助する試みを決意する(契約を融資する誓約をすることで)それは常に破壊を導く。

M&Aの部門で知っている人がいるが(高収益業界グループを運営している上級最高取締役で、そのビジネスでは一番上)が給与を$40万に削減された。そして彼らは楽しくはないが失望はしていない、もしその違いが評価できるなら。彼らはもちろんビジネスをしなければいけないことは嫌気がさして、この状況下ではどのビジネスも干上がっている。干ばつのときに土地を耕すことは楽しいことではない。しかしかれらはまだ職があることに感謝している、格下げされずに、知的に彼らの報酬は現在の状況下では公平であることは知っている。

3%のインフレを仮定すると、複利計算で$40万は2009年に前送りされおよそ$50万となる。

M&Aは才能のビジネスである。技術的知識を習得するために発達した能力が必要になるそしてCEOに信用されなければいけない。そのトップの人々は専門店を設定又は合流することができる。

トレーダーはその水準が低すぎると議論する、もし誰かに$30Mln稼がせるなら、より大きな割り当てがもらえるはず。

だめでしょう、もし損失を出した自分のシェアを払い戻す意向がるのなら不釣合いの報酬契約の資格があるという論理は受け入れられない。運良くそれを引き出せるかもしれないが、好景気の時に取得したものと受けるに値するものは抽象的観点から2つの違うことである。他の人の金で賭けをしている、そしてそれがかなりの責任を一緒に持ち運ぶ(又は少なくともそうするべきであるが、管理職は従来それの責任はないふりをして加担している)

Warren Buffet、彼の再保険ビジネスで、簡単な公式がある。かれの重役が5年前に書かれた契約の収益15%のプールを取得し同じプールからどんな損失も除く。5年間はそれら自身の大半の契約を証明するのに十分な時間である。

トレーダーによって異なったその公式が見られる。たとえば、最初の年に$30Mlnの収益を上げたとしよう。給与とその年の分け前の1/10を現金で受け取る。その残りは繰り延べされる。2年目から5年目のどんな損失も差し引かれる(繰り延べの部分はトレーダーが選んで高いか又は低いリスク方法で投資さえれることができる、よってその繰り延べの金額にはいくらかの所得が加えられる)残りのはすべて支払われる。

さてそれでいくらかの微調整が取られる(会社を変えるようなすごい年を迎えるようにトレーダーにやる気を起こさせる。)そしてその同じ結果を生むようなもっと良い方法がある。しかし趣旨を理解する:まじめにリスクとる人々の資本を表が勝ち、裏が負けの協定で楽しむことはできない。かなりの報酬を制限することで大きなギャンブルを取る理由を少なくするか、悪い面をもっと分け合わなければいけない。

報酬を抑える脅迫は十分真剣でWall Streetはその反射作用を否定する方法を探すか抑制を実行しなければいけない。

広告