デプレション・エコノミックス:4つの選択

投稿者: whitegru3

経済がデプレッションに落ち込むと、政府は雇用を普通の水準と生産高を潜在力のある水準に戻すために4つのことを試すことができる。それらは財政政策、クレジット政策、クレジット政策、マネタリー政策とインフレーションと呼ばれる。

インフレーションは説明するのに一番わかりやすい:政府が多くの通貨を印刷しそれらを使う。経済の余分な現金が価格を引き上げる、人々は現金を自分の懐又は銀行口座にしまっておきたくない-それはその価値が毎日徐々に消えうせてしまうからで-よってそれらを使うペースを設定する、現金の価値が下がる事から財産を作るために価値がある何か不動産に投資する。この消費が人々を失業から雇用へと引っ張り出す、そして設備稼働率を通普通の水準へそして生産高を潜在力のある水準へと上げる。

しかし良識のある人々はインフレーションを避けたほうが良いと思う。それは大変危険な目的を達成する手段であり、価値基準を損なうことが一つ、経済計算を実質的に不可能にする、富を無作為に再分配する。John Maynard Keynesが言うように、『より捕らえにくい物はない、その通貨を堕落させることよりも社会に存在する基礎をひっくり返す方法のより確かな物はない。その過程は破壊の陰で全ての隠れた経済の法則の力をかみ合わせる、そして百万人に一人が原因を突き止めることができない方法でする。』

しかし政府は次の大恐慌が発覚する前にインフレーションを最後の手段として用いる。ただそこに行かない方が良いと強く思う、もし雇用と生産高を回復する何か代わりの方法があるなら。

初期のデプレションと戦う標準的方法はマネタリー政策を通じてである。雇用と生産高が下落する恐れがあるとき、中銀は国債を即金のために購入する。、このようにして投資家保有するその安全な資産のデュレーションを短くする。金融市場により少ない安全で金が儲かる資産で、安全な財産が上昇する。これでビジネスにとって生産力を拡大のに投資する価値がより増える、このようにして現金から取引を離れることによって将来的に報酬を与えるために今日のより良い市場ポジションのために株主に分散することができる。これが将来に向けた今日の支出を増やし人々を失業から引き抜き設備稼働率を引き上げる。

マネタリー政策の問題は、今日の危機を受けて、全世界の中銀が相当巨額の安全な国債を現金で購入し近い将来の安全な財産の価値が完全に横ばいになった。-国債証券の名目の金利はゼロである。マネタリー政策はこれ以上高価に安全な財産を将来にすることはできない。そしてこれはお気の毒です、もしマネタリー政策だけでデプレションを防ぐことができるためなら、それをするだろう、それはマクロ経済安定化の政策道具として私たちが一番良く知っていて破壊的な副作用の一番低いリスクを運ぶ。

3つ目の道具はクレジット政策。ビジネスに将来の安全な収益のために今安全な現金と取り引きするプロジェクトへの投資だけでなく、リスクがあって不透明な物への支出をすぐに増やしたい。しかし大変少ないビジネスが現在のところそれをするのに資金を調達できない。

リスクの高いプロジェクトは今日にはかなりの割引となっている、なぜなら民間セクターの金融市場のリスク許容度は崩れたからである。だれも資産を購入して追加で不透明感を受け入れたくない、なぜなら誰もが、他の誰がもっと自分たちより物を知っていると恐れているからである-はっきり言うと、それは誰もが購入するほど愚かではない。全世界の中銀と財務大臣がクレジットを刺激するために巧妙で革新的な政策を考案しているが、これまではあまりの成功はない。

これで4つ目の道具にたどり着く:財政政策。政府が借り入れ、支出、その結果人々を失業から引き抜けさせ設備稼働率を普通の水準に引き上げる。欠点がある:被った全ての政府の余分な借金を融資するその後のずっしりと重い損失、そして借金の急激な上昇が民間の投資家を物的資産を積み立てることから思いをとどませる、将来の政府のために税基盤からその余分な借金を分割返済しなければいけない。

しかしわずか2つの道具しか残っていない時に、どちらもその仕事には完璧ではない-クレジット政策と財政政策-理性的な方法は同時に両方を実施する。それがObama政権とたの政府が現在試みていることである。

広告