アナリストは原油価格の急落をOPECのせいにする

投稿者: whitegru3

正直のところ、Emirates Business 24/7からのレポートはたった一人の専門家の意見であるが、それはその注目を当然であるとされる問題に焦点をあわせる、はっきり言うと、現在の原油供給過剰の水準とそれがどれだけかかって削り下げられるか。この記事に隠された意味は原油需要の上昇の不在、OPECメンバー内でかなりたくさんの規律が必要になる、今日まで見せた来た以上にかなり上回る、原油価格を推定とするターゲット水準1バレルあたり$75にするために。

Emirates Business 24/7から:

有名なアラブ・エネルギーアナリストが原油価格の崩れをOPECの責任とした、石油カルテルは生産削減を完全に方針に従うことに失敗したそしてすでに懐疑的な市場に矛盾する伝言を継続して送っている。

パリ・ベースのArab Petroleum Research Centre (APRC)の事務局長Nicholas Sarkisは、そこはOrganisation of Arab Petroleum Exporting Countries (Oapec)へのアドバイザー役をする、過去数ヶ月の原油需要の低迷を取り扱うOPECの態度は自殺行為と説明した。

APRCの月次マガジン Arab Oil and Gasに出版された記事で、Sarkisは12OPEC加盟諸国にその原油価格のターゲットを発表しそれを達成するために生産高を削減する規則に従うよう勧めた。

『3度連続で、最新の12月17日に開かれた会議では望んでいた原油価格の反発をすぐに影響することができず、その価格の崩れを加速させてしまい、OPEC原油バスケットの月次平均価格は8月の$112.4から9月の次のOPEC会議にかけ下落し、11月には$49.7、そして12月の会議に続く週には$34.9へと下落した。

『最初に見たところ、組織がとりあえず1月1日から比較的大幅削減で総合日量4.2Mlnの削減を実施を決意した限りにおいてはこの悲惨な結果は特に驚きであるように見受けられていたようだ』

Sarkisは原油価格の暴落を防ぐためにOPECの失敗に3つの理由を引き合いに出した、それには最後の削減が1月1日まで書類にサインされずに残っていたという事実とその前の日量1.5Mlnの削減が完全に強制されていなかった、とメンバーによる規則に従う比率が55%を越えていない。

その規則に順守する水準は他のどこで伝えられたものと比べかなり低い、が最後のOPEC会議前にナイジェリアがいかさまをしていることに苦情を言っていたことと一貫する。

彼は、2つ目の理由で世界市場の供給過剰が先進工業国の業界在庫を急速に増加させた、それが11月の末に十分に2,707Mlnバレルの予測される水準に達した、それは57日分の前もっての消費以上に等しい、又は普通と思われている52日の平均より5日間長い。

彼は、在庫の水準はイランの一年間の生産高の2倍に一致する、そしてアルジェリアの生産高の5倍以上あると指摘した。

『より普通と思われる水準に在庫水準を戻すことは、それは5日間の消費分に値する過剰在庫を吸い上げると言っていること、又は240Mlnバレル。OPEC諸国はおよそ2ヶ月の期間に4.2Mlnの生産高で累積の削減を完全に厳しく適用し始めなければいけない、もちろんそれは重要がこれ以上減少しないことを元にで、特にこの春に向けて、世界の必要性が2009年の第一四半期と比べ0.9~1Mlnの下落するときに』

3つ目の理由は、一番最小の理由ではないが、OPECの決断の失敗は原油市場によって迎えられた広範囲に広がる懐疑的な態度である。その懐疑的な態度は11月1日に実施された1.5Mlnの削減の一部の規則に順守したことに何よりもまず起因する。

Sarkisによると,過去数ヶ月にOPECが発表した幾人かの公式声明は『妙に好ましい価格の水準の正確な数字を与えることとそこへ行き着くはっきりした道路地図を除外してあった。もし輸出国が過去3回の会議で単に2003年3月にイラク戦争前に使っていたシステム戻す決議をしていたら状況は確かに違っていたことだろう。それは底値と天井値を輸出に設定することを伴っていて、目的を達成するための生産の自動的で正確な削減と増産を実施していた。

現在の状況下、1バレルあたり$75の価格がサウジ・アラビアにより望ましいと思われていて、輸出国と先進工業国の両方の異なった高官たちによって多かれ少なかれ明白に提案されていた良い平均を代表する。

『原油価格を少なくとも$75の水準に回復させることは、ほとんど満場一致のコンセンサスが証拠で原油価格の下落は炭化水素産業とその他のエンルギー源の開発に携わる両方の投資を失望させることができるだけであるという範囲で必要があるようである』

『原油価格の可能性ある回復において考慮すると、わたしたちは今はOPECと非OPEC諸国の両方によって実施された生産高の大規模の削減を見て待たなければいけない。もう一つのプラス要因は油田閉鎖の加速と現在の環境下で小規模の油田は利益が上がらなくなってきている、特に北米で』

広告