米国モーゲージ/クレジット市場の上がり下がり

投稿者: whitegru3

Milken Instituteが住宅/クレジット危機について新しいレポート発表した、それは今年の春に公開される本の予告編である。この中で特に興味を引いたのが、その研究機関の控え目な傾向において、政策の推奨は全体的に中道である。彼らは規制の必要性を認めた(しかしそれは将来の危機を防ぐことに焦点を置くことを勧めた、それと一緒に流動性、クレジット、資本レバレージの抑制、そしてオフ・バランス・シートの露出の監視をすること。それと住宅保有者への助成金を終了することは呼びかけていない、が実践の変更。この色調がその研究機関の姿勢の変更を代表するとは思わないが現在の環境で可能である実践的認識である。

注目すべきいくつかのチャートを見つけた。Robert Shilerの住宅価格の類事実で、1890年から先へ実質の比率0.4%で増えている。この最初のチャートが直近の上昇がかなり並外れていることを示している。

picture-47

ダウングレードはものすごく早いスピードで出てきているは間違いないが、以前にこれだけの数は見たことはない。

picture-491

広告