Bad Bankの資産提案は思っていた以上に悪い

投稿者: whitegru3

神様!米国経済さよなら。。。それは支持者と天然ブルにとって、タオルを投げ入れるのは数年かかるかもしれないが、失敗の兆しが思い浮かべられる。

Obama政権は、もしWshington Postの最新のレポートが正確であれば、巨額に高い費用がいくらかかっても銀行業界を救う実験に乗り出す:

1.どの成功した金融危機のプログラムとみなされるものに実質的に共通点がない

2.金融危機の研究に反推奨された主要要素を持つ

3.かなりの資源を消耗、それによって他と、多くのケースではより良い財政上の火力と張り合う。

Obama政権は明らかにそいて満杯にBush勢がなっていたように金融サービス業界の利害の人質になっている。私たちは何も新しい思考はなく完全に防御できる手段を取る意欲もない(実際それらの手段を取らないことがいくらかの創造性があるポジションを取ることになる)明らかにくずの銀行の株主を全滅させるような(Citiはリストの一番上)、強制的に債権者のヘアーカットをする又は株式スワップ、管理職の入れ替え、再構成不良ローンの処理、その会社をどのようにしてさい再編成、再構成するかの決断。その代わりに銀行は今ではAIGの取り扱いを受けている:全ての要求が満たされ、難しい質問は尋ねられず、口座の綿密な調査はない(又、もっと重要なことは、会計報告)。

どうしてこれが悪い考えか?IMFの124の銀行危機の研究を振り返ってみよう。それらの結論は:

存在する経験によって立証できるリサーチは、銀行とそれらの借用者へ援助を提供することは逆効果を招く可能性がある、その結果銀行の損失は増加、それはたびたび政府のコストで非生産的なリスクをとり寛容さを誤用する。その寛容さの典型的な結果は銀行の純資産へより大きな穴をあけ、銀行救済を融資する致命的な税負担、そして更なるよりひどいクレジット・サプライの収縮、寛容の不在に起こりうるよりもっと経済収縮。

もしどんな疑いでもあるのなら、くずの資産価値を下支えする子とは寛容の一種である。日本はそれについて違った方法での対処があったが、哲学は似ている、そして過去15年間がそれがどのように働いたか描いている。

私たちがObamaチームからあることは、もっと大きい吸収の”Bad Bankに金を投げ入れ” の計画で最悪の悪夢の恐れがある。そして(Washington Postのプレビューに行くと)、それらが安全な手術で限られたものであることを向こう見ずにトリアージ(緊急時の行動順位決定)にしている。

そのトリアージの起源がどういう意味か知っている人たちは覚えていると思うが、戦場で傷ついた中部の1/3に注目すると言うことで:死にかけている死者は置き去りにし、傷ついているがその時点で自分自身を攻撃をかわすことができ安定しているものは置き去りにし(彼らは運ばれるまで待つのに十分健康又は、後に治療されるまで持ちこたえられる)。その中間の1/3は、すぐの危険性がある中で、それにしても救い出されるかもしれないが最高の優先権を得た。

トリアージの概念は、資源に制限があると認証する、難しい決断がなされる、そしていくつかは絶望的である。しかしObamaチームの新語法(ニュースピーク)では、トリアージは全てが救い出されるという意味でそれは資源が無制限である推定されているからである。

政府の前に立ちはだかる基本的な問題は、銀行は巨額の資産を保持し投資家が払う意思がある以上に自分たちの帳簿で評価していることである。

金融危機の早期から官僚は結び目を解くのに苦労している。もし政府が銀行公平と考えている価格でその資産を購入するなら、財務省は最終的にもっと安いで売却する時に巨額の損失を被ることになるだろう。もしその代わりに政府が市場価格を支払うと言い張れば、銀行はそれらの損失で生き残れないだろう。

現在の形で銀行を救うことは必要であろうか?これは信用できない政策の制約で全てをゆがめる方向に導いてしまう。貯蓄貸付危機のResolution Trust Corporation(整理信託公社)は良い”Bad Bank”モデルの役割ともてはやされている。しかし、それは死んだ銀行からの不良資産を取得した。その細かい詳細が近代の根拠に無視されているようだ。

単一の手段を取る代わりに、Obama政権は資産とその他のローンを3つの分野に分散する計画をする、おのおの自身が解決策を持つとその話に合いに詳しい人が言った。まだ詳細が最終決定していないことから匿名で話している。

政府は銀行に圧力をかけている価格が下落しているそれらの資産を買い保持する。官僚はこれらの購入を制限したい、それは莫大な費用がかかるからである。

その計画の目玉目的は、銀行によって保有された不良資産の2番目のグループの損失を制限する保証をする、それらはもっと安定した価格を持つからである。

そして銀行に健全な資産から収益をあげ保持する余裕を待たせる。

これらの第一歩を越えて、政府はさらに問題のある企業にもっと資本を注入したがっているようだ。

これは完全に自由気ままなように聞こえる、虚偽表示の術にもかかわらず。政府は資産をほとんど水面下で購入したいのか?一番リスクが高い資産は更に価格が下落する?それらの資産は評価するのが一番難しい(低い格付けのCDOトランチのようなもの?)

John Paulsonが多額の低い品質のペーパーが取引されていると指摘する。その考えは非流動性は作り事であると言うことである。

その問題は価格の発見の不足ではない、上の話し合いがふりをするように、投資家の損失を被る能力と意欲である。もし特定のペーパーがビッドを取れないとそれはその実際の価値が実質的にゼロを上回っていないからで。しかしゼロを越えるごとに、それがObamaチームが購入する安物の種類である。

広告