Obamaの重役報酬提案:

投稿者: whitegru3

Obamaの救済資金・受領者のための重役報酬制限が漏れた、そして怒った米選挙民をなだめるために見かけは十分長いかもしれない。

しかし一般に難しい計画だろうと信じられている欠陥は、報酬の上限の$50万(プラス株式配当、もしあれば)は、多くが、たとえ幾人かの重役報酬専門家でさえどんなに全くひどく不当であるかうやうやしく非難した:

『それはかなり過酷である-$50万は多額の金ではない、特にボーナスがなしでは』報酬コンサルティング社James F. Reda & Associatesの最高経営責任者で設立者のJames F. Redaは言った。『そして問題のあるこれらの企業は年率の配当をあまり払わないことはわかっている』

Redaはほんのわずかな大手企業がCEOと他の上級重役に総合報酬で$50万未満を支払っていると言った。そのような制限が企業にとって重役を募集し保持することを難しくする、そのほとんどが他の企業でより多くの収入を取得できる。

『人々を採用するのに本当に難しくなるだろう』この制限を強制的に課される企業にとって、『これはうまく行かないと思う』

権利意識は間違いなく侵害された。Lee Iacoccaがクライスラーを救済するのにひれ伏せた時(それはローンでその契約は最後には米国政府には収益となった)、彼は$1の給与を提案した。彼のトップ・チームはそれほど低い給与は取らなかったことは確かであるが、かれらの所得をかなり制御されていなかったらそれはショックである。

しかしここから先に行く前に、ここに重要な評価がある、Wall Street Journal, the New York Times,  Bloombergの記事にはその詳細に意見の合致がないが、そしていくつかの計画は要素はまだ最終決定されていないかもしれない:

1.$50万の報酬上限、どうやら”幹部重役”へで(多分一番の名前が挙がるのが代理委任状にリストされている5人)株の配当は除かれれる。その他の支払いは納税者の誓約分が取り戻されるまで授与されない制限付きの株式の形である。

2. トップ50のその他の制限(ボーナスプールは2007年の水準から40%縮小)

3.企業で特別な援助を受け入れているところのCEOへの退職金はなし。

4.企業ジェット機、オフィス改造、ホリデー・パーティーの制限

それではこれが何を取り扱っていないか見てみると:

1. 誓約された資金に関しての取る手段の試みがないようである。すでに支払いをされた物を取り戻す方法はないことは明らかであるようだ。しかしその計画を正確に読んでみると、その制限は新たな報酬を受け取るものだけに課される?これが以前にさかのぼって課されるとは見られない。しかしどうしてAIGとCiti、2つの最大のブラック・ホールが、それが今日まで取得した物を基にどうしてその方針を前向きに対象とできようか?

2.それ以上の報酬制限、しかしトップ50に制限。ほとんどの大手銀行はもっと多くの人間が$100万以上報酬を受けている。その数はかけ離れて十分ではない。そして関連する事業体への制限の不足を推測する(銀行が子会社を分割し、それでもかなりの経済利益を保持し、融資とオフィス・スペースを提供)

“特別な援助”をどれくらいはっきりと定義していることも意味ありである。

広告