PIMCOのGrossは米国は経済を救うために数兆使うよう呼びかける

投稿者: whitegru3

金融サービス業界は身の安全を救うために納税者へ激しく要求。Bloombergから:

Pacific Investment Management CoのCIO Bill Grossは、米国はミニ・デプレションに落ち込むかもしれない、もしせいさくリッセ医者が成長を刺激するために$数兆使わなければ。

『この経済は政府からの援助が必要である、数兆の政府からの小切手、もし米政府が継続して数十億のドルに焦点を置くなら、大災害の可能性がある。』

PIMCOは12月にFedの規約を勝ち取り、モーゲージ・バック証券を購入する$500Blnのプログラムの4人のマネージャーのうちの一人に選ばれた。PIMCOは更に10月にCommercial Paper Funding Facility(CPFF)を運営するマネージャーの一人に選ばれた。

Fedは踏み入れTreasuryを購入しなければいけない、とGrossは言った、長期金利を低く保つために、米国が膨らんでくる財政赤字と刺激プログラムの資金調達をするために債券発行が増えるにつれて。

$681.9BlnのTreasury を保有する中国の思惑で、米債券の単独最大の投資家が自国の経済成長が衰え米債券の購入をやめる又は削減するかもしれない。

国際資金の一般と特に中国の流れを追っているBrad Setserは、そのようなリスクは少なくとも今年中はないと見ている。いかにもある人は中国は元を下げるためにTreasury の購入を持ち直すかもしれないと思っている、それは米国と他の先進経済からのかなりの報復のリスクを招くけども。

その実際のリスクは供給側であり、需要側ではない、そして高い支出がただ単に資金不足を広げる、少しの遅れはあるが。

それを理解すると、中国は短期償還物に移している、インフレへのエクスポージャーを削減しようとしている、それが長期償還物の債券の価値を短期物より腐食させる。

『中国とその他が必要な資金がないという範囲内においては、誰かが買わなければいけない』Grossは言った。『それはFedに踏み込む義務がある。もしそうするなら、それは債券市場とクレジット市場にとって重要な日になるだろう。』

彼は終わりの点で正しいが、それは心臓麻痺が重要な出来事といっているようなこと。Treasury の購入はFedによる絶望的な手段で少しの間は働くかもしれないが、少しの間だけその避けることのできないことをかろうじて避ける以上にするしか見られない。市場は財務省のバランス・シートを急成長する不安にどのように反応するだろうか、『実際』の値洗いベースのどんな種類の損失のポジションを購入することで(債券の操作されていない市場価格はかなり低い)30年債はピークの142から現在の水準まで下落した。それは1/4より若干少ないおよそ20%の損失。

そして市場がFedが金を使い果たしたという実現にどのように反応するだろうか?これは過激派の考えではない;Willem Buiter、米国はより多くではなくより少ない赤字公債発行による赤字(財政)支出を従事することを推奨し、民間のセクターの損失を吸収することで中銀は支払能力のリスクを話している。最近はもっと緊急に、彼は米国がデフォルトの道へ進んでいると強く主張している。(明白又はインフレーションを通じてもっと間接的に)もし支出の水準を抑えなければ。

やがて(今から2~5年の間に)グローバル米ドル資産の投げ捨てがあるだろう、それには米国債が含まれる。古い習慣は、なかなかなくならない。米ドル、米Treasury Bill, Tresury Bondは多くの人にとってまだ安全な避難先と見ている。しかし学習が行われる。米国政府はその借金を補うのに必要なそのほとんどをFedに永久的に売却しなくても主要な黒字を生み出すことができるという概念、又は国家全体がマイナスの純外国投資ポジションを補うために’暗黒物質’又は’アメリカン・アルファ’の恩恵なしで主要な黒字を生み出す事ができるという概念は、信憑性がない。

米国連邦政府は巨額の追加偶発債務を米金融システムの引き受け/救済することを通じて取得した(そして可能性として他の米経済システムで政治的に破たんするように結合されている)一緒に実質の連邦政府の負債増加が予測できる、それは将来の連邦政府赤字のかなりの増加からで、これは将来の民間から公共セクターへの資源の移動の必要性を意味し、それはインフレーションへの頼りなしでは政治的に実現可能でない。たった一つの代わりの方法は連邦負債のデフォルトである。連邦政権がインフレと通貨価値の引き下げの道をデフォルトの方法より取ることには疑いがない。

もしこれがわかれば、米国、海外で現在の経済動向を追っている人は誰でもわかるだろう。現実の始まりは資産の投げ捨てに導かれるだろう。

BloombergはGrossのアピールの裏での実際の理由を提供している:

Gross、64歳、米国債の保有を増やした。その種は、エイジェンシー債を含んでいる。と1年で初めて12月に増やしたとPIMCOのウェブ・サイトによる。

PIMCOは構造的にBondは買いで、金利低下は彼の有利。しかしもっとすぐに、もし彼がすごく短い償還物をロングにしていたら、彼は12月の賭けに損を抱えて座っているだろう、そしてFedの介入がすぐにないと、彼はそれらの購入をに全て手に入れられないかもしれない。

広告