中国は危機に免疫がある?

投稿者: whitegru3

Project Syndicateを書いているKenneth Rogoffは、中国の刺激策が成功するかどうか議論する、中期成長を犠牲にしてするだろう。彼は、中国は国内消費にもっと加重を置くべきであるという理論的枠組みに向けて進む必要がるという広く見られている見方にに同調する。しかしその問題は、変わり目はぎこちなくなるだろうそして中国に強制的にされる(国際競争の鍵である低賃金は、今では海外に焦点を置かれたその生産高のほとんどを吸収するための十分に大きな自立した国内市場を発展するするの妨害となる)

Project Syndicateから:

スイスのDavosで開かれた年次World Economic Forum(世界経済フォーラム)で演説、中国の温家宝首相は、中国政府の計画はグローバル経済崩壊を公共支出とローンで対抗すると説明した。

彼はほとんど、2009年の中国年率成長は8%以上に止まるだろう保証した。

しかし中国政府はその経済をそれほど立ち直りが早く保つために必要な道具がある?

米国の深まっているリセッションは中国の輸出セクターを急に閉じている、アジアの他のどこもしたように。率直の問題は米国と欧州ほどではないが中国でのクレジット・クランチで、多くの小規模、中型の輸入会社が海外から在庫を購入するために必要な貿易クレジットが取得できないことである。

その結果、いくつかの一度は活気付いていた中国の沿岸地域は廃墟の町のようである、何万人もの解雇された労働者は荷物をまとめて田舎へ帰っていった。

同じように、北京の韓国街は、多分20万~30万人の住民の半分-ほとんど労働者が韓国企業によって支払われ輸出するために中国で商品を生産する-報道によれば自国に戻っていったと言うことである。

多くの優れた中国の研究者たちは中国政府がどんなことをしてでも成長率を8%衣所に保つことは確信している。しかし裏がある。たとえもし短期間に成功しても、政府の支出への巨大な転換がほとんど確実にこの先数年間で経済成長のかなりの低迷に導くことになるだろう。

簡単に言うと、わずかなインフラ。プロジェクトは建築する価値があるか程遠く明らかでない、中国はすでにその所得の45%以上を投資していてそのほとんどがインフラである。

実際に、中国のこれまでの成功は政府と民間セクターの拡大のバランスを保つことから来ていた。経済への政府のすでに特大の目立ち具合を急速に増大させることは微妙なバランスをひっくり返し将来へより低迷した成長を導くだろう。

米国の民間消費需要を中国から置き換える方法を見つけることが中国にとって望ましい。しかしそのシステムはこの方向にはすばやく動くことはできないかもしれない。

もし政府投資が主要の方針であれば、”どこにも通じない橋”より絶望的に必要な学校、病院を建てることが相当良いだろう、1990年に日本が有名にも同じような経由を通ってきた。

残念ながら、中国の地元の官僚は国の”成長トーナメント”に昇進されるようにより秀でる必要がある。学校と病院はすばやい税収入の種類を簡単に生み出さないそしてGDPの成長は政治的ライバルをしのぐ必要がある。

たとえグローバル・リセッションの兆候の前でさえ、中国成長パラダイムの維持を疑う強い理由があった。その自然環境の劣化はよそ目にも明らかである。

そしてエコノミストたちは、もし中国が驚異的な成長率を継続したら、現在の輸出軌道を保持するためにはるかに大きすぎるグローバル経済のシェアをすぐに占める事になるだろうと計算し始めた。

よってどちらにしてもより多目の国内消費への転換は避けられなかった。グローバル・リセッションはただ単にその問題を数年早めただけだ。

どちらにしても、この金融危機は中期中国成長をかなり鈍化させるかもしれない。しかし中国の首脳陣が近い将来にじょうきょうを安定させることに成功するだろうか?

そう望みたい。しかし過去30年間の同じ成長ストラテジーに基づいたものより国内民間消費、健康、教育に向けて傾いた計画により確証するだろう。

広告