リセッション・インディケーター:献血が増えている

投稿者: whitegru3

私が大学の時に、貧乏な友達がよく金を稼ぐために血を献血をしていた。(彼はパートの仕事も持っていたので、これがたった一つの金をもうける方法でもなかったようである。)1974年のリセッションは悪かった、がそれでも、その友達が曰く、支払われた献血者は大変多くアルコール中毒者に傾いていたと言う。

その支払われた献血の人数の増加は経済的圧力の代理であろう。この記事はたった一つの光景であるが、それはこのテーマを確証するだろう。

Fort Wayne News-Sentinelから:

ほとんど家族がそうであるように、James Jubinvilleと彼の妻はこの厳しい経済状況の時期に倹約をしている。道路建築業者で二人の父親、Jubinvilleは毎年冬に解雇されるが、今年は特に一文無しに感じている。収入の範囲内でやりくりするためにモーゲージの借り換えをしようとしている。

彼は現金を取得するためにプラズマ(血漿)もあげている。

Jubinvilleはプラズマをあげることで少なくとも1週間$50を稼ぐ、Huntingtonから1週間に2回運転して行く。誰でも48時間置きに提供することができるがその地域の営利目的のプラズマ提供センターでは1週間に2度だけ許される。提供者は少なくとも18歳でなければいけない。彼らは最初の提供で$20が与えられ、2回目は$30。

『時々、特別サービスがある。』と彼は言った。たとえば、先月に、2回目の提供ごとに$10ずつ増えた、よって3週目にはJubinvilleは2回目の提供で$50を稼ぎ、その週は$70。

提供者の正確な数字はその会社によって発表されていない、が火曜日にColdwater Roadの場所の66の全てのリクライニングチェアは満席だった。

JubinvilleはBioLifeで1年半の間プラズマを提供している。『前は飛び込みで、多分少し待つかもしれないが、今では予約を入れなければいけない。非常に混んでいる。』

プラズマは液体で、血液の黄色の部分である。それが血液のおよそ60%を占めている、そして90%の水と10%のたんぱく分子と血液凝固に必要なたの要因、免疫システムのため、とその他の過程のためのもの。

営利目的のセンターで集められるプラズマはリサーチといくつかの薬物療法に使われている、一方では赤十字(レッド・クロス)のプラズマは直接に必要な患者に行く、そのほとんどがよく火傷被害者、ショック被害者、又は外傷センターに入院した患者用である。

全ての収集されたプラズマは多くの病気のテストをされる、それから凍結され、そして地方の分配センターに使用前に安全を確認するために少なくとも6ヶ月保持される。

Jubinvilleのような人々は、そのお金が食料雑貨品と硬水軟化剤のための塩を購入する助けとなる、彼は更に、追加で『税金が課さない、それは寄付と考慮される。』

この記事には、ほんのわずか資格ある提供者の5%が献血をすると書き留めてあり、米国はリセッションによって発生する提供者の供給過剰のリスクはないと示唆する。

広告