債券投資家はFedははったりに開き直る

投稿者: whitegru3

たとえ無関心の市場の観察者でも30年債の利回りが1ヶ月ちょっとの間に2.5%から3.5%に劇的に上昇した事には注目していた。Fedは前回のFOMC会議で12月の声明を若干明らかにし、Fedが有効などんな方法を使ってもクレジット・市場を解放しTreasuryを購入することを考えていたと言った。最後の部分は信用できる、それはBernankeが彼の学業のいくつかの考えで論じていたからである。

ロング・ボンド、はそのピークから下落したが、安定し1月のFOMC会議の前に反発した。その声明がTreasuryプログラムがどのように働くかはっきりさせることに失敗しただけでなく、その使われた言語はTreasury以外の道具に注目する意向であると示唆した。これは少しおかしい、ベンチーマークの金利が上昇している上ではそれのスプレッドを誘導する事を達成することはあまりできない。

又は、多分、その真実がFedで理解され始めた:市場はそれ以上に大きい。それでさえ、Fedはよりうまくはったりをきかせることを学んだ方が良い、Treasuryの投資家は最新の声明で失望して高い利回りを要求しているから。

TelegraphのAmbrose Evans-Pritchardが概して絶望的な寸前だがそれでも情報知識を与える記事を買いている。Fedから始まってそれからその他の経済からのかなり心配させるデータを見ている。しかしIMFの担当責任者Dominique Strauss-Kahnは先週、先進国経済はすでにデプレションに入っている、Evans-Pritchardは事実と益々コンセンサスの中に入ってきている。それだけでも読者は心配にさせる。

Telegraph:

10年Treasuryの利回り-世界の資本のコストのベンチマーク-はクリスマスから2%から3%へ飛び上がった、そのレートを引き上げる説得の努力にもかかわらず。

この水準は、もし継続する事を許すと米国経済は窒息するだろう。米国はすでにデフレーションで、コア価格-エネルギーを取り除いた-は第4四半期に年率で2%下落した。賃金が後を追っている。IBM,クライスラー、GM,YRCは全て給与を削減し始めている。

その”実質”の資本コストが不景気が深まり増加している。これは負債デフレーションの模範である。それは起こるはずではなかった。Bernanke 主義は、Fedが金利コストの全ての構造を引き下げることができる推測している、最初にFFレートをゼロまで下げて、そしてそれから印刷する金でTreasuryを直接購入すると言う”信用できる脅迫をする。

Bernanke はこの脅しを12月初旬から繰り返している。しかし口で言うだけなら簡単だ。Fedがためらい、実質金利は今まで以上に上昇した。明らかに、市場はFedの話術を信用できるとはぜんぜん尊重していない。

債券自警主義者がストライキに行っても誰の責任もできない。もし/そしていつグローバル・マネタリーの突進がインフレを騒がせることに成功したら、誰も全責任を取りたくない。政府は救済の資金調達をするために狂気のように借り入れをしているそして税収入の崩れを補うために。米財務省だけで2009年には$2兆調達しなければいけない。

どこからその金が来るのであろうか?中国、太平洋のトラたちと商品勢力はもうすでに外国準備を蓄積していない($7.6兆)中国の輸出は崩れた。毎年余分の1兆ドルの債券の購入の代わりに、ネットの売り手となった。合計すると、過去15週間で$190Blnを投げ捨てた。

Fedがその破損に踏み込んだ、ある程度まで。Fedは$350Blnのコマーシャル・ペーパーをを購入し、$600Blnのモーゲージ債を買い始めた。それは助けになる。しかしTreasuryを購入することからは後ずさりする、多分政府の赤字を”金にする”どんな動きでも、アルゼンチンが取った運命に向けて滑り込み始めるという恐れがあるのだろう。又は多分BernankeはFedがその周期が変わったら緊急政策から簡単に引き出すことができると自分の確信を信用していないのだろう。

Fedがためらって、世界はバラバラになっている。日本での出来事は深刻に驚かせた。12月に輸出は35%下落、鉱工業生産は9.6%下落。経済は年率12%のレートで縮小している。

日銀はすでに東京証券取引所の株式を的にしている。それはイライラした政治家たちには十分ではない。参議院議員の田村耕太郎が鉱業大作戦のために$330Blnの信用貨幣を作成したい。『われわれは超-デフレーションに面している、だから超-インフレーションを作る政策が必要である。

これは米国議会がマネタリー政策の捜査を指揮した1932年を繰り返す。

ドイツの受注は12月に前年比で25%下落。フランスの住宅価格は第4四半期に9.9%急落し1939年以来最急降下。

スペインの失業率は330万人増加し(14.4%)-来年には19%に達する。(ブリュッセルのデータ)労働大臣は昨日、スペイン経済は”ハリケーン破壊”に苦しんだ後もう移民者たちを許容することはできない。どちらの方向に行っているかわかるだろう。

アイルランドは1月に3万6,500人雇用者を失った-米国の月次230万人の失業の失業に値する。財政赤字がGDPの12%に急増化し、ダブリンは賃金を削減している、年金の徴収と偽って。それは苦しんでいる企業を救い出すための”Rooseveltian measures”と発表した。

その間に、東欧は鉱工業生産が内破し12月にウクライナで27%下落、ロシアで10%下落した。ラトビアのGDPは第4四半期に年率で29%収縮した。ポーランドの住宅保有者は地獄からのショックを受けた。モーゲージの60%近くがスイス・フランである。ズロティは7月からフランクに対して半分となった。

広告