米国政府が返済の優先権を望むことがGM,クライスラー、を破たん申請へと導く

投稿者: whitegru3

理論的利点にもかかわらずおおて自動車メーカーの破たんし申請は清算を導く可能性があるというこの見方は妥当だと思う。(様々な負債と要求をより簡単に構成できる)すでに用意された(プリ・パック)契約はこの規模の企業には不可能;その過程を設定した記事でGMは2010年末までは浮かび上がれないだろうと強く主張する。消費者の統計に基づくと、消費者は破たんした自動車製造業社から車を購入するkとは疑い深いだろう。資金繰りのこれ以上の悪化は両者を清算に導くだろう、そうなると部品業者にとって衝撃的なことになり、又外国籍の工場ににもダメージを与える。

米国政府はいくつかの担保付の貸付業者寄りも優先して要求している、それは、もし政府からの免除を確保できなければ、GMとクライスラーの破たん申請へ導くことになるだろう。

Bloombergから:

General Motors Corp. と Chrysler LLCは連邦救済ローン$17.4Blnを確保するために米国政府によって強制的に破たんさせられるかもしれない、自動車メーカーはその行動計画は両者を破壊すると主張する。

米納税者たちは現在の所優先する債権者たちの下位にある、それらにはCitigroup Inc., JPMorgan Chase & Co. , Goldman Sachs Group Incが含まれていると財務省のウェブ・サイトに公表されたローン契約によると。政府は返済の列の先頭に立たせることを助けるために弁護士事務所を採用した、と先週にこの事項に関連のの2人が言った。

もし連邦政府の高官が返済の順番を変える合意に基づく承諾を得ることに失敗したら、政府はより多くの救済援助を条件に両社を強制的に破たんに押し向ける選択がある。政府が破たんの融資をする”debtor in possession”再建企業向け融資又はDIPローンと呼ばれる、貸し手の順位で他の債権者に対して米国政府に優先権を与える。Baker & Hostetler LLPのパートナーDon Workmanは言った。

GMとクライスラーは破たん保護の下でのリストラをを求める声は捨てた、 Chapter 11のリストラは買い手を追い払うそして清算への道へ。GMトクライスラーは2月17日の締切日に向けて12月にTARPから受け取ったローンの一部で導入した計画の進展を見せるために努力している。

注:その問題は債券保有者の妥協しないことではなく、連邦政府がいくつかの担保付きの金融業者より優先権がほしいということ。

政府は破たんの外側で債権者同士での承諾ができる選択を持つ、それが他の債権者より前にいくらかの担保への権限を持つ。そのような承諾で、よく企業の資産のほとんどの担保を持つ会社に金を貸した時に起きる、通常ローンが発行される時に交渉される。

広告