ブラック・ホール警報:FannieとFreddieの資金ニーズは$200Blnを越えるかもしれない

投稿者: whitegru3

Fannie/Freddieの監督下に置かれている、これはその時点では叙事詩的な映画のような出来事のようであった。そして大変多くの危機が後を継いだ、Lehman,9月/10月の崩壊、AIG,欧州銀行救済、それは遠いむかしの記憶のように思われる。しかし財務省は両社のモーゲージ金融会社/保証人の純資産をプラスに保つことを誓約したそしてその損害が長期にわたりどれくらいになるか異常に明確ではなく(7月の$100Blnづつの認可は十分満足であろうと見られていた、又はそのように言われていた)。CBOの推測は役にたたなかった。それは財務省の誓約が公式に2009年の終わりまでで、(言い換えると、その時間枠はCBOが見解をもてた全てであった)その時点で明らかに援護が更新されるだろうからである。

Bloombergから:2009年末までの負債はもちろん、単に官僚がふりをしているよりはもっと大きい:

監督機関に押収されたモーゲージ金融会社、Fannie MaeとFreddie Macはもし住宅市場が継続して悪化すると、米国政府によって約束された$200Bln以上が必要になるかもしれないと、Federal Housing Finance Agencyの所長James Lockhartは言った。

『9月にその金額にした時に、私たちは明らかにストレス・テストを見た、そして市場で何が起きているか見た。』『それ以来、われわれが予期しなかった重要な出来事が起きた。』

9月に、多くのフォーキャスターたちは所得と賃貸の関連性において歴史的通常の水準に戻ると見ていた。それはピークから底まで30~35%の下落を示唆していた。それは失業率の上昇と不景気に置ける典型的な銀行の貸し渋りによる行き過ぎの前である。

政府は、Fannie MaeとFreddie Macの損失後に住宅市場の更に進んだ崩壊の恐れがると押収し監督下に置いた、そしてもし両社の資産が借金をしている債務以下の金額に落ちたら必要であればおのおのの会社に最高$100Blnづつ投資する約束をしている。

Fannie Maeは11月の規制申告で『この誓約はわれわれを支払能力のある状態に保つのに十分でないかもしれない又はreceivership(破産管財人の管理下に置かれること)に置かれる。『Freddie Macは$100Bln以上が必要であるかどうか厳しく検討されている』と委員長John Koskinenが先週言った。

連邦政府高官はは今では住宅市場を安定化させることを助けるために政府スポンサーの事業体に頼ってきている。下院金融サービス委員会議長Barney Frankは先週それら企業は記録的なフォークロジャーを削減するために大変積極的に使われると言った。

Lockhartは、Fannie MaeとFreddie Macは”どんなプログラムの下でも”損失を出すことは予測されていない。『私たちは、この時点では収益が上がるビジネスの引き受けをすることを期待している、そんなに大きな収益でなくとも』と昨日に言った。『しかしどのプログラムでも損失を出すことは予測していない。』

そしてそれが直近の問題。GSEは住宅市場の流動性を保つために継続して圧力がかかる、それらはすでにひどく弱まり定期的な現金注入が必要である。

広告