NY Times:米国は価値のない銀行を取り除かないことで日本が取った道を行く

投稿者: whitegru3

銀行システムを合理化する資本構成の変更することが経済回復には欠くことのできないことである。Ben Bernankeのようなエコノミストたちは自ら招いた窮地を脱する日本の失敗を財政、マネタリー刺激策において積極的でないせいにする。それにしても日本は両方の観点からかなりの事をした。日本のプログラムと金融危機をより早く抜け出した国々(スウェーデン、ノルウェー、チリ)との最大の違いは、それらが早期に対処されたこと、債務超過で破たん寸前の銀行を押収し解決したことである。

確かに、日本は自己の間違いを認識している。そして昨年柄にもなく米国に直接の警告を与えた。

Financial Timesの記事で日本の金融相の渡辺喜美がコメントで、日本の経験をバブル時期後の銀行危機を基にクレジット・クランチについてアドバイスを思い切ってしている。そしてそれはあまり聞こえが良い物ではない。

どうしてこれらの発言は飛びぬけている?

ほとんどの国々は(米国が自由化された競争市場を推し進める事を救う)どのように他の国々の金融サービスセクターを運営するかアドバイスはしない。そのみでも聞いたことがない(しかし、IMFは1997年のアジア危機で救済プログラムの条項を書き取らせた。しかしそれらは第三世界各国が資本の逃げに苦しんでいて、もちろん、それらの情勢で過剰の借り入れ、不安定な銀行、維持できない経常収支の赤字、米国に少しも似ていない)

日本人は特にたの国の事業にちょっかいを出すことには気が進まない(それが他へ日本の実践ににおいてコメントする認可を与える)たびたび好戦的な中国でさえ米国の圧力にずけずけと答えている、孤立しないで。

この声明は日本のトップの金融監督機関から出された。もしそのお偉い方がそのメッセージを目立たないようにしたかったなら、低い階級の役人又は退職した官僚を使っていただろう。

日本のコメントは破たんして資本構成を改める必要がある米国金融セクターに重要な役目の効果的な声明である。かさねて、それは公式の公開討論でするには衝撃的な分析である。渡辺氏は米国銀行システムは政府から新規資金を受け取る費用があるだろうと言う。日系銀行への資本構成を改めることの遅れが日本国内で経済危機のその長さの一番の理由であると思われている。

日本はできるだけ丁寧に米国に、われわれはひどく厄介なことになっている、できるだけ早く対処しなければいけないと言っている。これはぶっきらぼうな警告である。日本の愛のむちの試みの意義は失われるだろう。

NY Timesの記事には日本の”訓戒的な物語”と平行して取り上げている。これはまだ”警告!この先には日本の苦痛が!”までとは行かないが、前の姿勢(”日本から学べるレッスン”)より危険のある声明を指摘している。

NY Timesから:

日本は前にこの場所にいた。1990年代に経済停滞の”失った10年”を耐え忍んだ、銀行は致命的な借金の下で苦心した、そして半分の政策で連続した政府の数兆円が無駄遣いされた。

2003年にやっっと政府が終に行動を起こし回復へ導く助けとなった:強制的に大手銀行に容赦のない監査の申告をさせ、不良債権を申告させた;実質的に一つの大手銀行を国営化するために2兆円を費やし、その株主を一文無しにし;そしてより弱い銀行を破たんさせた。

その時までに、日経平均インデックスはその価値をおよそ2/3失った。国の公共負債はGDPを越えた、そしてデフレーションが国中に付きまとった。その最後には、不動産価格は15年間連続で下落。

『米国は日本の失敗を勉強したと思った』と金融庁の五味廣文氏は言った。『なぜ同じ間違えを繰り返しているのか?』

多くの米国の評論家は火曜日に財務長官Timothy F. Geithnerによって明らかにされた計画は詳細に欠けると言った。日本の専門家はそれは臆病地味ていると見た-特に政権が対面している銀行危機の規模からして。

『これがどれだけ大きなことかは知っていると思う、しかしそれがどれだけ大きな事なのかいいたくないのであろう。それが非常に大きく認めることができない。』とAmerican Enterprise InstituteのエコノミストJohn H. Makinは言った、政権の高官に関して。『1990年代の日本からのレッスンは、彼らは踏み込んで銀行を国営化するべきである。』

その代わりに、日本が最初に試した多くの同じ治療法でBush政権とObama政権が試してる-超低い金利、財政刺激策と効果のない資金注入、その他色々。日本は銀行から不良資産のいくらかを購入するために民間資本を出させた、同じようにGeithnerは提案していた。

一つの理由に日本の首脳陣たちが無力だったのは一般市民を掻き立てる事の不安であった。その救済のそれぞれの政策で、怒りが高まった、政治家たちをっ強制的に本当の改革をすることを気乗りさせなかった、それはただ単に最終の値札を増やし評価をする日を遅れさせるだけであった。日本の納税者は、政府が銀行を救済したコストの半分以下を取り戻したと見積もられる。

日本のさらに進んだレッスンは、銀行救済が広い範囲での経済の運命を決定する。

日本の大勢が、低い金利と経済刺激策が銀行の自分自身での回復を助けると思った。1997年末に、一連の銀行の破たんが致命的なクレジット・危機の原因となった。

前向きな行動で、政府は日本の主要銀行に1.8兆円注入した。しかしその注入は-少なすぎ、うまく計画されておらずそしてその銀行セクターの苦悩に関してよく理解しておらず-危機が広まることを防ぐことに失敗した。

もし銀行がその本当の損失を強制的に公表させられたらもっと悪いニュースが出ることを恐れ、日本の首脳陣たちは銀行にローンを”ゾンビ”会社のバランス・シートに取って置くことを許可した。

日本は、その代わりに、一連の資金を実験した、一部民間資金調達、銀行の不良資産を和らげるために。

その資金は最高で制限のある結果でしかなかったとUniversity of California, San Diegoの経済教授Takeo Hoshi氏は言う。その一つとして、その資金は影響を与えるには少なすぎた。不良ローンの保管場所は規律正しく売却する方法がない。そしてその購入は銀行を資本構成を改める事に失敗、なぜならその不良資産はすごく低く評価されていたからである。

これまでで、Obama政権の計画はすごく難しい決断を避けている、銀行の国営化のようなこと、株主の文無し化、銀行を自社の不良債券の重さで破たんさせることを許すなど。最後に、日本はこれら全てのことをしなければおけなかった。

驚いたことに、政治家の決断がこのようにして米国を日本がとった同じ道を運転している。かなり異なった2つの国の社会の違いにもかかわらず。Obamaは新しい色調を打ち出す努力する間、真のリーダーシップが米国を随分昔に廃れた。

広告