企業はリスクの高い取引相手へのエクスポジャーを削減している

投稿者: whitegru3

何人かの楽観論者が経済回復の証拠を見つけたいのはわかるが、それは米国が更にこれ移住の経済活動の悪化を見るほうが可能性が高い。まだ私たちは破たんと債務の再編に関してはそれほど見られていない。悲しいことにこれらのようなことが習慣的なものになるまではまだ景気の底は見られないだろう。

状況が悪化している一つの兆候では大手企業が危険にさらされている見なすビジネス・パートナーへのエクスポジャーを削減している。これは企業版倹約のパラドックスである。この動向はおのおの関係者に関していうと称賛に値するかもしれない、それがいくつかの事業体を瀬戸際に追いやる影響がある。そしてそれらの破たんが活動と心理の下降気流に追いやる。

Financail Timesから:世界最大手企業は破綻すると恐れている顧客との契約を破棄している、グローバル・サプライ・チェーンを通じて混乱が広がっているいうレポートが月曜日に出された。

会計会社Ernst & Youngがとった統計で337国際企業のうち、そのほとんどが年間$10Bln以上売り上げをあげている、大多数が重要な顧客は財政難で支払いが通常より長くなっていると言った。

1/4が一つ以上の主要顧客が破たんしたと言った、そして10人に一人がサプライヤーがつぶれたと言った。その結果統計を取った1/3の会社がリスクの高いと思われる顧客との取引を止めた。

Ernst & Youngのグローバル取締役パートナーJohn Murphyは、管理職はたとえ超安全な取引相手でさえも注意深くならなければいけない『企業のリスク・プロファイルは一晩で変わる恐れがある』と言った。

広告