財務省は銀行株の近い将来の回復を計画している?

投稿者: whitegru3

Bloombergの記事に”“U.S. Sets a Six-Month Deadline for New Bank Capital“『米国は新規銀行資本の6ヶ月の期日を設定する』あった。

政府は必須の最大手19銀行のバランス・シートの再検討後必要であると考えられるいくらかの新規資本を調達するために6ヶ月の期日を設定する。

監督機関は4月末までにいわゆるストレス・テストを監督する、それがどれくらいの余分なクッションがおのおのの銀行が必要であるか見分けると本日財務省は言った。金融業者は民間資本を調達するために6ヶ月あり、又は政府資金とそれと一緒に来る条件を受け入れる。

『米銀行組織体の圧倒的多数は十分資本金があると考えられ必要とされる金額の過剰の資本を保持する、不安定な経済環境がその金額の信頼となんらかで保持されている資本の品質腐食した。』と財務省は新銀行再検討のガイドラインを発表した。

最後の段落から順番に見てみよう。新政権は就任してわずか1ヶ月近い、そしてすでに2重語法はすでにもろくなり始めている。もしだれでもこれらの銀行の資本が十分であると信じているなら、私たちは永久に終わらない特別ファシリティィーのパレード、ゼロに近い利下げ、になることでしょう、それに苦しんでいる借用者を救いだすプログラムと?すべての介入が大きくはっきりした声で、ほとんどの、もしすべての大手銀行の全てでなければ、は危うい状態にあるといっている。しかし官僚は、銀行は必要とされる資本が十分あると考慮されるよりたくさん資本はあるを繰り返している。資本適切さの基準がナンセンスなのか、すべてのウィークエンド・スペシャルと議会の掛け金の高いポーカーゲームは納税者のお金の無駄遣いであったようだ。両方向は持てない、そしてこのような事を少しづつ広めることによって信頼を失う。

最初の部分に戻ると、それはもっと注目に値する。政府は銀行にもしそれが必要であると考えられれば資産を調達するために6ヶ月を与えている、そしてもしそうでなければ、それらは政府の資金を取得又はどんな条件でも提供されたものを受け取る。

だれでもちょっとした、銀行で新しい資金が緊急に必要になっていると疑いのあるのが、CitigroupとBank of Americaで、それらの株価は生き残れることについて真剣に疑問を問う水準にまで下落した。Meredith Whitney、銀行株アナリスト、一番正確にフォーキャストを出している、は先週に彼女の最善策は2つの大手銀行を空売り、ましてもっと落ち込んだ水準にまですることを推奨していた。

それでこの記事から推測できることはObamaチームの国営化へのアプローチ、又は、この過程のブランド名を変更しようとどんな用語を使おうとしても。銀行に逃げ出せる全てのチャンスをあたえ最善を尽くす事をみせ(6ヶ月はリストラするか分割するのに十分長い期間で、同様に票続けられてきている資金調達でも)そしてそれから何でもされなければいけないことをなす。

Tom Fergusonはら違った見方をしている。

ストレス・テストの最悪のシナリオはややばかげて、楽観的である;今年3.3%下落、来年は若干上昇。よってそれほどのストレスはない。それが必要な資本のパラメーターを設定する。もしBernankeを信じれば、ほとんどがパスをする。ただ貸付をしないだけ。

ストレス・テストのシナリオはそれほど不吉ではない。NY Timesの記事でさえ疑問を投げかける。

しかしアナリストたちは、政府の最悪の見通し、それはありそうもないと言い表され、それは民間がすでに予測しているよりそれほど悲惨なものではない。

新しい財務省のガイドラインによると、銀行は今年に経済が3.3%収縮すると予測しなければいけない、そして2010年にはほとんど変わらずに。そして更に住宅価格が今年は追加で22%下落すると予測しなければいけない。そして失業率は今年に8.9%へ上昇し2010年には10.3%へ。

『厳しすぎるとは思わない』CreditSightsのアナリストのDavid Hendlerは言った。厳しい展望はObama大統領の刺激策から引き起こる成長に楽観的過ぎる。『それは快適な結果を生み出すだろうが最悪の計画を考えておくべきである。』

しかし、ストレス・テストの発表のいくつかの言語で通常の水準より高い資本を呼びかけている事がある。それはただ単に規制基準との違いを巧みに解決しているのかもしれないが、言い回しは新しいバッファーはは一時的なものであると言う印象を与えるように十分に不明確である。よって最悪のひどい場合程でなくても、銀行は資産をもっとかき集めなければいけないだろう。

Credit WritedownsのEd Harrisonから:

明らかに、Geithner、Bernankeその他は‘irrational despondence’(不合理な失望 )がわれわれを苦しめる資源となり資産価格を下支えすることが治療法である信じている。

最近のBen Bernanke の議会証言を見届けて:

Fed議長Ben Bernankeは水曜日に、直近の急激な株価の下落はほとんどが投資家のリスクについての態度に反映するもで実質の米国経済ファンダメンタルズから切り離されてしまったと言った。

投資家のリスク欲は時がたつにつれて変わる、そしてたった今、投資家が株式を保持するためのリスク・プリミアムの測定はここ10年間に私たちが見たものと比べ大変高い水準にある。とBernankeは年2回の議会証言で発表した。

株価はファンダメンタルズ、経済の長期収益性にはそれほど影響されず、投資家のリスクに対する態度とそれが今では大変高い水準にある不透明からとBernankeは質問に答えていた。

米国株は今月12年来の安値に下落した、ベンチマークS&P500は2009年の初めからおよそ15%、Dow Jonesは16%下落した。

ここでBernakeが言ってはいないが明らかに示唆しているのは資産価格は人公的に不合理な失望により押し下げられている。踏み込んでBidをオファーする事でそれらを引き上げることができる-その時点で失望が消え去り全てがうまく行く。

この見方は誤解を招きやすい、なぜなら多くの資産価格はまだ長期トレンドを上回っているからである。これは確かに住宅価格にいえること、そこではまだ賃貸の方がかなり多くの地方の購入価格より安い。

株価の直近の規範は誤解を招きやすい。特に思惑がないMartin Wolfは2007年3月に株式は課題評価されていると指摘した。確かに1996年末に始まった長期トレンドからかなり外れている(Greenspanの”irrational exuberance”(非合理的な活況)を覚えているだろうか?)そしてこの10年間の過剰は十分に長期平均を転換した。私が最初にWall Streetに入ったときに、マーケットPEの16がピークであった。それが普通になってきている。

驚きなのはBernankeが過去1年半でどれだけ処理ができていない程度である。それはただ単に彼が以前の状態を回復しようとしているだけでなく;彼はたった一つの可能性ある有効な理論的枠組みが以前の状態に戻すと見ているようなことである。もっと悪いのは彼はその見方に美化していることである。

わたしたちは巨額の株式バブルであった、それに続いてもっと大きな資産の乱交、住宅がその震源地で、しかしその他多くの種類も一緒に引き下げられた。借金によって持ち上げられた資産価値の上昇は健全な経済が運営される物ではない。それらの過剰を取り去るために時間がかかるだろう。Carmine Reinhart と Kenneth Rogoffの研究で戦後の主要金融危機の株価の底値は3年半かかって見つける。

しかしBernakeは、ここからのトレンドは上でなければいけないと信じている、そしてそのリスクの欲が今では不合理的に低くなっているより考えることができなくなっているようである、それは先に不合理に無関心になっているのかもしれない。

広告