AIGの分割になりそう

投稿者: whitegru3

Financial Timesから:

AIGと米官僚は過激なリストの話し合いを進行している、それが打ちひしがれた保険業者を少なくとも3つの政府管理の部門に破たんしないで操業を続ける試みで分割されるようである。

そのリストラ、内部の人に“controlled break-up”(監督された分割)と言われている、はAIGの単独型グローバル複合企業としての90年の歴史に終わりを導く可能性がある。それは他の問題のある金融グループ-Citigroupのような-枠組みを作り上げる、それらが政府の管理の下に置かれるべきであるか.。。。。

その計画の下では、政府は現在の保険業者の80%の所有を3つの部門の大きな所有にスワップする-AIGのアジア・オペレーション、国際生命保険ビジネス、米個人保険種目ビジネス。4つ目の部門、はAIGの他のビジネスと問題のある資産からなる、があらに形成される。

その代わりに、官僚は、AIGへの$60Bln5年ローンの条件を緩めるか、大部分をキャンセルする、そして$40Blnの優先株を株式に転換、会社の負担を和らげる努力で。

もしその計画が進められれば、AIGは今の所は持ち株会社として残るが、この話し合いに携わる人がもし政府が納税者の投資を取り戻すために売却又は3つの部門を別々にリストするようになると会社はなくなると言う。

しかしこの件に詳しい人々は、AIGは第4四半期$60Blnの損失が予測されている時に、月曜日に総点検の発表をする予定通りであると言った。

AIGの一番大切にしている資産の一つに、American International Assurance、それはアジア・ビジネスで$20Blnの価値があり、ほのかな興味をひきつけ、見込みある買い手は保険業界とクレジット市場の荒れている状況に思いをとどませている。

AIGの米国個人保険ビジネス、はZurich Financialによって買収されるのに近づいている、これも融資市場の圧縮で問題に立ち向かっている。

2つの部門は分割されるだろう。3つ目は買収される、American Life Insurance Companyはグローバル生命保険会社で50カ国以上の国で運営され、日本での存在が大きい。

米国生命保険ビジネス、Foreign General(AIGの国際損害保険業)がs3つの部門に含まれるか別々に売却されるかは確かではない。International Lease Finance Corporation(AIGの航空機リース会社)は政府のクレジットラインに与えれ売りに出される・

広告