米国政府はCitigroupの優先株を市場価格の32%のプリミアムで普通株に転換

投稿者: whitegru3

面白いのは通常M&A契約に見られるようなCitini普通株のプリミアムを与えていること、運営を解体する過程において。同じように、内部の役員メンバーにそれらの席を辞任するよう頼んでいる/なぜ政府は役員全員に辞任するようにいわないのか?かれらの辞任を強制的にできない中、この状況下ではそれは適切かもしれない(それでだれでもそれに反対する人間は批判的な報道陣の注目を浴びることだろう)CEOによって選ばれた役員メンバー、そのようなわけで同情を買うに値するが、政府はもし何人かの役員メンバーを保持したければ辞任を拒否もできる。率直に、どのCitiの役員メンバーも企業を適切に監督し絶滅的な損失を出したことに恥ずべきである。

WSJから:

財務省は現在保有しているCitigroupの優先株のいくらかを普通株に転換することに承諾した、その動きが株主をこれ以上の損失にたいして保護するためである。

条件で、政府はCitigroupの取締役員会の見直しをするよう要請した。Citigroupの役員会はすぐに新しい独立した取締役の大多数が入れられると金曜日に発表。CEOの Vikram Panditは契約上職を保持すると見られる。

政府は追加で納税者の金をCitigroupに注入せずこの契約が主要な財政測定として知られるtangible common equity(有形株主資本)を増強できる、それは基本的に株主が会社が清算された時点で何が残るかを測定したものである。政府と銀行は、金融会社の株価に急降下を止める鍵はこのtangible common equity(有形株主資本)を補強することにあるという結果に達した。

Citigroupはまだストレステストに持ちこたえなければいけない、それが異なった恐ろしい経済シナリオに耐える能力があることを調査する、そして追加資金の調達が必要になるかもしれない。

会社はその役員会を再構成し大多数の独立取締役を含み、現在の15人の取締役は再選には立候補できないそして2人は退職の年齢に達する、そして新たな取締役が発表される。

Citigroupの会長Richard Parsonsは慌ただしく新しい取締役を誘い出している。それは苦戦となるだろう、Ctigroupが話を持ちかけた2人の候補者は申し出を拒絶していると関係者は言う。

広告