社会的地位の下落

投稿者: whitegru3

ドットコム時代に、よく以前インターネット景気が良かった高級を稼いでいた職員がHome Depot で仕事をしていたなどという話を聞いた。1990-1991年のWall Street不景気に仕事を失った労働者がどうなったのかはよくは知らない。自分で仕事を始めたり、DCに仕事を見つけに動いた人は知っている。NY Timesの記事に現在の時代版の所得と地位の下落についての記事が書いてあった。

NY Timesから:全米を通じて数十人以上のの解雇されたプロフェショナルたちにインタビュー、それには建築家、安い給与に落ち着いた以前営業部長・重役、収入の範囲内でやりくりして応急処置の仕事を持っている人が、UPS, Verizon Wireless顧客電話窓口、酒屋などで仕事を見つけていた。多くの労働者にとって精神的調整は財政的なものと同様に困難なものであった、アイデンティティーの感覚と自尊心のひっくり返り。

『腐ったねぎの皮をむいているようなものである』とAme Arlt、53歳、20年間重役職を務めた後最近、チェネシー州のFranklindeオン・ラインの保険委託サービスの顧客サービス代表のポジションを受け入れた。『全ての皮をむくごとに、何か自分自身について発見する、自分の調整をしなければいけない。』

低賃金職の需要の例の一つで、UPSのスポークス・マンが、今回のホリデー・シーズンの仕事で申請者の件数が通常の50万人の申請から140万人、およそ3倍、パッケージの配達、分類の仕事に見られた。

100件以上の職に申請後、普通はマーケッティングとブランディングの取り締まり以上の地位の仕事は、2度の面接を受ける。Arltさんは昨年秋に月次の財政出血を止めることをしなければいけないことにきずいた。

彼女の新しい仕事HometownQuotesは時給$10~$15が支払われるそしておもにデータ入力が伴う。しかし彼女は友達たちと別れたにもかかわらずそれは友達たちの社交の地位にもういないからである、それでもArltさんは何もしないで家に座って、”今日はだれから聞こえがないなあ”と考えているよりはよいと思っている。

彼女の新しい給与は彼女のモーゲージを補うが彼女の他の生活費までは行かない。最近彼女は彼女は退職金の残りの$1万7千を現金に換えた。

『それは私の人生で一番つらい時期である』『私の夫との離婚よりもつらい。私の母の死寄りも悪くなっている。 』

インタビュウーをしたほとんどの人たちが、自分たちの状況は一時的で、いったん経済が回復に向かえば自分たちのキャリアを続行する予定であると言った。しかしJohn Eller、51歳のように、景気の回復がどれだけ困難であるか見せれている人たちがいる。

EllerさんはSprintの専務理事で、9・11テロ攻撃後経済収縮の真っ只中の2002年のレイオフの前に年収$15万を稼いでいて、13の顧客電話電話窓口で7千人の職員を管理していた。

数年後に、彼はおよそはんぶんの給与のもう一つの仕事を見つけた、New Jerseyの顧客電話窓口の管理職である。2年後に会社の小規模化でその仕事を失った後、Ellerさんはカンサスとイリノイ州の2つの顧客電話窓口での契約社員になる前1年間仕事なしで、そこでは6桁代の所得を稼いでいた。

しかしそれがその1年後に終了し、数ヶ月仕事が見つからず、2007年7月に、彼は一時的な仕事と思っていたスパーマーケットで時給$10のパン屋での仕事を取得。彼は再び昨年10月に解雇されている。

Ellerさんは新しい生き残りの仕事に乗り付けた。年収$3万4千、連邦政府で夜間シフトの移民申請書の調査をする監督官の契約社員。しかし8人と子供と妻を養い、Ellerさんはそれでも貧困水準より低いと言う。彼の家族は5ヶ月間モーゲージの支払いはしておらず、フォークロジャーの瀬戸際である。

『私は辛うじてはいずり上がる事を試みている』

広告