VIPプリミアムがこれから2年先のベアー市場を予測、金融危機のパターンにあわせる

投稿者: whitegru3

もうよくわかっていることだが、私たちは信頼感の腐食、あの手この手と腐心、リスク回避のもう一つの時期のど真ん中にいる。株式は混乱し今日のS&Pのロス4%は先週の4.5%に続く。

Bloombergには、トレーダーが長期の下側の保険を益々買っていると報告し、ベアー市場はこの先2年続くことを示唆している:

オプションの投資家は2011年を通じて米国株のロスに対して保護するためにここ10年平均の2倍を支払っている、すでに$10.4兆の株価を破壊したベアー市場はまだ2年間続くかもしれないと合図を出している。

『市場に真のパニックがある、どんな価格でも長期の保険を買いたがっている人々がいる。』シンシナチのHuntington Asset Advisors Incで$130Mlnのオプションを含む$16Blnを運営をしているPeter Sorrentinoは言った。『人々は希望を失った。』

2年ボラティリティーは11月の史上最高値からは14%下落した、30日ボラティリティーは45%の下落と比較。その差はこの先1ヶ月の市場方向の信頼は回復したが長期のぶれは高い水準に止まったままであるということを見せている。とボラティリティー取引を専門にしているNYベースCapstone Holdings GroupのCEOのPaul Brittonは言った。

『市場は今では地味で、それはシステムの中に十分モルヒネがあって10月と11月にあったような急な動きは見せないだろうから』『不透明感はその薬剤が切れる時に起きる。』

この2年間の時間枠で興味があることはエコノミストのCarmen Reinhartと Kenneth RogoffがAEAで提供した論文で予測したベアー市場の期間に値する、現在の危機が過去の金融危機と比べられる。

1.実質住宅価格は6年の期間で平均35%下落する。他の危機では、住宅不動産はバブルの注目とは限らない。日本を(住宅価格の下落17年間続いた)除いたにしても平均は5年以上。

2.株価3年半で55%下落する。

3.GDPは平均9%下落する。

4.失業率は以前の規範の上に7%上昇。

5.政府負債は爆発、平均86%増、しかし原因は通常は銀行業界の資本再構成ではないが、税収入の崩れと金融システムの対策を除いた景気循環対策に直面しサービスを保持すること。

もう一つの危機の比較は若干薄暗くない、金融内破に関連する株式ベアー市場は通常10四半期続くことがわかっている、株式の実質価格は半分に。

広告