忍び寄る国営化は民営化を難しくする?

投稿者: whitegru3

NY Timesの記事に”U.S. Likely to Keep the Reins on Fannie and Freddie“『米国はFannieとFreddieの権力を保持するかもしれない』とあり、もしかしたら巨大モーゲージ会社は一生民間には戻らないのではないだろうかという推測が高まる。率直にそれは全く悪い話ではないと思う。FannieとFreddieは最初は米国政府の機関で1960年末に分離した、その時はその借り入れがベトナム戦争の資金の上に積み重なり連邦政府のバランス・シートの見かけを悪くした。そして典型的なplus ca change, plus c’est la meme chose fashionで、GSEが完全に吸収合併されていない理由は連邦政府のバランス・シートにそれらの負債を連結することを避けているためである。

この記事にはFannieとFreddieが一生民営化されないかもしれないという方針を探っている、そして政府の軌道内に入ってきている大手銀行は益々同じ運命を辿ると示唆する。

Fannie MaeとFreddie Macの買収は一時的なものであるとの保証にもかかわらず、その巨大モーゲージ会社は完全には民間の手には一生戻らないかもしれないと国会議員と会社の重役たちは静かに認め始めている。

これらの会社が–両社あわせて全米全体の半分近く以上のモーゲージに手を伸ばしている。–政府のきつい管理の下に残る可能性が金融業界の未来に向けての広い範囲に渡る議論になりつつある。その心配はもし政府が自分自身をFannieとFreddieから解放しないと、それが結果的にいくつかの大手銀行を国営化すべき同じような問題に面して来る。

さて、その結末は正しいと証明されるだろうが、その分析は間違いである。FannieとFreddieはその大手銀行とは大変違ったケースである。それらは一度も完全には民営化されていなかった;それが両社がconservatorship(監督下)に置かれた理由の大きな部分である。両社は非常に高いレバレージと実際に米国政府と同じ資金調達レートに頼って来た。それでさえ、FannieとFreddieの両社は会計詐欺でそれらの数字の艶出しをし、企業の幹部に気前の良い報酬を与えることを正当化した。

言い方を換えれば、これはビジネス・モデルでたとえ良い時期でもかろうじて働くものであった。

さて、大手銀行の運命であるが、最初にストレス・テストは極めて冷笑的だと思った、銀行が国民の信頼を支持するためにうその点数を与えられる(1年以内にばらばらになると危険なゲームである)又は政府が強制的に買収するkとに気が進まない事を見せるために使われる過程。そのストレス・テストは政府を銀行により多くの資産を調達することを要求するよう導く事ができる、そしてもし民間の資源から調達できなければアメリカ政府の助けを求めることになるだろう。すでに大手銀行株の押し下げられた水準で、どんな資金調達でも巨額の希薄化になる、そしてそれでも後の政府資金注入は直近の資本献金取り去るリスクを伴う。

もっと冷静な可能性として、BernankeとGeithnerは現在の最低の金融市場の状況は不合理な悲観論の結果からだと信じている。もし政府が市場に十分の流動性を与えれれば、元気が戻り、全てはうまく行く。

国営化はこのようにたどり着く、気が進まない国営化と呼べる、民営化するほうがもっと伝統的な種類と比べ難しい(FDICのreceivership;破産管財人の管理下に置かれることを考えていると、政府が月曜日までに資産を処分できないことを除いて、だから少しの間それらを保持しなければいけない、多分最高数年程度、何がそれらの異なった部分の一番高く、良い脱出戦略であるか考え出すため)どうしてそうでなければいけないのか?

最初にWSJの記事に先週Citigroupの説明がされていて、忍び寄る(国営化)買収シナリオ、銀行の管理職又は異なった政府機関の誰もどうしていいのかどの権限があるのか明らかでない。今では認めざるを得ない事だが、もしこの過程が継続すれば、そのあいまいさは削減されるかもしれないが、それはその手配に本来備わっているように見受けられる。国営化”nationalization as takeout”は反対に政府官僚を担当にしトップの管理職と役員を変更させることに携わらなければいけない。

同じように、気が進まない国営化は巨大な金融会社を無償に保つ、その間”nationalization as takeout”版は不良資産を取り去り、企業を分割させる。一つか両方がその残りの事業体の規模を縮小させることだろう、それによって新しい管理職の候補者を探すのが簡単になる。(率直に、だれもこのような大きな企業を管理できる能力を立証できていない、その間より小さいオペレーションを管理している候補者はもっといる)

広告