トレーダーはユーロ急落に賭けている

投稿者: whitegru3

このTelegraph記事はユーロの弱気の見通しは悪化しているファンダメンタルズと利下げ期待のせいであるとする。円が証明するように、経済活動と見通しの急な下落がトレーダの見方を変えることに導いている、時々は唐突に。そしてユーロはいつでもそれについて疑いの香りの漂いがある、他の主要通貨が持っているような制度の完全な一式よりは少なく。

この記事は今すぐの心配の種について述べることに欠けている:東欧州の銀行システムの崩壊が欧州全土を吹き飛ばしてしまう可能性。

Telegraphから;

ここ数日に、米国の先物トレーダーはユーロが米国ドルに対して下落するだろうと言う賭けをかなり増やしている。金曜日CFTCによって発表されたデータによると、ヘッジファンドと投機筋のユーロに対する”net short position”(ネット・売り建て玉)は3月3日の週にその前の週の10,081からおよそ2倍の19,431になった。

『かなりの重要な調整がこの先週間にやってくる。ECBは経済問題を取り組むのに遅れを取っている』 とBGC PartnersのDavid Buikは言った。彼は更に欧州圏は他の経済と比べリセッション入りが遅かった、しかし政策立案者たちは行動するのが遅すぎるためその通貨をリスクにおいている。

グローバル・リセッションは10年前に発起した時から最大の試験に見合し生産性の低い国々のスペイン、ギリシャ、イタリアなどは欧州のより成長の早い経済のいくつかの能力に調和することに失敗した。先週、ECBは過去最低の水準の1.5%に利下げをした、そしてこの先の利下げが織り込まれている。ECBは今では欧州圏の経済は今年2.2%~3.2%収縮するだろうと予測している。これは前回の0%~1%縮小からの下方修正である。

広告