Wolfgang Munchau:すべての望みは捨てる

投稿者: whitegru3

Wolfgang MunchauのFinancial Timesの最新のコメント”An L of a recession – reform is the way out,”『Lのリセッション-改革が脱出方法』終末論的になるにはやや及ばないが、彼が書いたコメントの中では一番暗い記事の一つであろう。Munchauはこの世界は丁寧にLk型のリセッションとしてみなされるものに入ってきている、しかし彼はそれは日本型リセッションの本格的であると見ている。なぜ?それは政府がより苦しい結末を未然に防ぐためにつらい行動を取る意志にかけるからである。

彼が指摘するその大きな項目として:金融セクター、すでに働いていない国家のストラテジー依存心の強い主要経済大国の改革の不本意、そして特に輸出業者で短期で支払う事を望まず国内の需要を刺激するために長期で再設定する。

FTから:

米国は金融セクターの足を引きずって歩いている。EUも同じである、ますますありそうな投機攻撃からの保護することができる方針を採用することに失敗っしている面で。その準備状態を判断するにおいて、今度のG20サミットは災難となることだろう。

よってこれはLになるようである-V又はUではない。L型のリセッションである、険しい下落で始まり、長年の低い経済成長.。。。これは全体にわたって日本のようである。金融リストラなしでは、経済は回復しないだろう。そして日本は幸運だった。その時は活気付くグローバル経済に囲まれていた。

このような災害に立ち向かう一番良い方法は銀行システムをリストラしマネタリーと財政政策を通じて短期経済刺激を提供することである。。。現在の刺激パッケージは痛ましいほどに不十分である。言い換えると:私たちはLを見ている。

L-型のリセッションはもっときついバランス・シートの調整となる。失業率は継続して上昇。住宅価格は下落し続ける。米消費者たちと銀行は翌5年それ以上をかけて借金投機の停止(Deleveraging)に勤め、それぞれのバランス・シートの再建に努力する。その期間は、米国経常収支の赤字は急に下落するだろう、と同じように英国、スペイン、といくつかの中央、東欧州諸国も。この過程は長い期間かかる、そしてL-型のリセッションではもっと長くかかる。

しかしその影響は残りの世界にとっても残忍である。経常収支赤字の下落の石油・ガス輸出業者からの低い黒字によって一部相殺される、中東諸国、ロシアなどである。しかし大部分の調整は世界最大輸出国:ドイツ、中国、日本によって負担される。

もし単純なU-型のリセッションであれば、それでもドイツと日本では苦しいリセッションとなるだろう。しかしU-型のシナリオ下では両国は回復から恩恵を受ける国となることだろう。

L-型のリセッションでは、しかしリセッションディプレションへの道を開く、両方の国はすでに“homework”下調べはすんでいると思っていたにもかかわらず。もし誰も長い間多額の赤字の余裕がなければ-それがL-型リセッションが事実上意味するものである-ドイツと日本の経済モデルはもう働かない。ドイツは昨年に経常収支黒字の7%以上あった。世界最大の輸出国である。輸出は国のGDPのおよそ41%を構成する-驚くべき数字、その国の大きさからして。

そうするとこれらの国は何をすべきであるか?正しい政策の対応は輸出への依存を削減し構造的な改革に取り掛かり非貿易商品への転換を促進する。

残念ながら、その反対が起きている。ドイツは麻薬中毒のように輸出モデルにしがみついている。その例で、Opel(オペル自動車)の将来についての討論である、欧州自動車製造業者でGMの子会社。Opelは政府からの援助なしでは生き残れない。Opelの政府救済提案者は、会社は組織的に関連性がると強く主張する。この主張は明らかに間違えである。組織的に関連性のある銀行はあるはシステム的に関連性のある自動車メーカーはない。しかしその答えも露出度が高い。どういうことかというとOpelは国の輸出モデルにシステム上の関連性がある。救済の支持者は業界の構造にしがみついていてL-型の世界では生き延びられる希望がない。

私たちはこの危機での解答にははるかに遠い。不作為の間違いを犯した後、グローバル金融機関は今では任務の間違いを犯している。アメリカン・ドリームでクレジットでの消費ををする世界に戻る、ドイツ・ドリームの製造ライン。L-型の世界ではこれらは悪夢である。

.

広告