Citiと連邦政府の新救済なしの救済の話し合い

投稿者: whitegru3

WSJの記事にこの2重語法”U.S. Weighs Further Steps for Citi.”『米国政府がさらにCitiに踏み入れることに検討する。』はすごく厚く泥沼を歩いて渡るような説明をしている。

そしてなにが起きているのかわかりにくくする試みに強調しているように思われる。官僚とCitiの承諾の最後の再取引は銀行によって開始された、それはちょっと腹が立つのはそれが注目を要した時に政府が飛び上がらなかった(その結果は新規資金の注入ではなった、しかしCitiはただそれでも大丈夫であった)Bruce Krastingがこれを説明:

先週の金曜日に財務省はTARP優先株の$25Blnを36%のCitiの普通株に転換することに承諾した。この問題は金曜日のビジネス終了時で36%のCiti株はほんの$3Blnの価値しかない。この転換は$22Blnの損失となるようだ。

もしあなたのブロカーがあなたの口座に前年秋にこれらの優先株のいくらかを滑り込ませ、金曜日に間抜けに混じってその口座を普通株に転換していたら4ヶ月もたたないうちに90%減となっていた。法外な値段を奪われた。

今回は、お偉い方がCitiとの話し合いを開始した。そして、もちろん心配でない、ただ単に不測事態対応計画をしているだけである。

もしそれを信じるなら、私が建てた橋を売りに出したい。もしこれが本当に不測事態対応計画なら、Fedと財務省はベアースターンズの契約がッ最終にまとまったその次の日にそのケースに携わるべきだった。そしてそれが本当に単に不測事態対応計画だったなら、財務省がその他のおおて銀行にたいして同じ事をしているのではないだろうか?

本当の内容に対してわざとあいまいにした言葉使いの比率は異常に高い。

Citigroupの3度目の救済後1週間もたたないうちに、米官僚は、もし問題が増したら銀行を安定化させるどんな新しい手段が取れるか調査している。とこの事項に詳しい人は言った。

連邦政府高官はその話し合い、それは広い範囲にわたる予備的な、は『不測事態対応計画』と言い表す。監督機関はもしCitigroupが悪い方向に急に転換したら準備ができていることを確認、それは予測していないが、と関係者は言う。

この記事をただ単に文字通り読んでも、信用ができない。誰でも予測しない出来事に準備したことがある人がいるだろうか?

Citiの重役たちは、企業の顧客又は取引相手がそれらのビジネスから手を引いている兆候を探知はしていないと言った、たとえCitiの1株$1近辺で空中で停止しているけれども–月曜のNYSEの引けが$1.05。Citigroupは、強い流動性のポジションとその資本水準を持ち、銀行業界でも最高の中の一つである。

あらら、これは安心させる?同じような決まり文句をベアーとLehmanからも聞いていた。そして部屋の中にいる本当の象(問題)のことを話す事を忘れたことに気づいているだろうか、脆弱性の最大資源.。。。。海外貯蓄者たち?Citiは$500Bln以上の海外貯蓄(バランス・シートの若干$2兆を下回るのに比べ)重要な逃げが資本と有効な流動性を無力にするだろう。

銀行監督機関と財務省高官たちはCitigroupの重役たちを週末に呼び集め、その話し合いの噂が飛び回る中で。その話い合いは将来への計画に向けられ、新しい救済は今すぐではないと言った。

Citigroup CEOのVikram Panditは会社の株価が$1近辺で停止している時、月曜日従業員にメモを流した、現在の株価は会社の資本ポジションと収益力を反映していないと強く主張。

その話し合いは財務省、通貨監督庁、Fed, FDICを含む。FDICは米国内での多くのCitigroupの預金を保証し、会社によって発行された新発債の他g区の金額もである。

監督機関は、その計画は金融危機における政府の通常の機能として見られるべきでらると言った。一つの可能性ある将来のステップはCitigroup又は他の金融機関のバランス・シートから不良資産を取り除き”Bad Bank”を設立することが必要となる。手段を変えることはまだ考え中である。財務省の高官はすでに官民のパートナーシップを開発しその問題をもっと広範囲にわたり取り組んでいるそしてその2つの概念が平行に進むか合流するかもしれない。

再び、災害対策が始まった、馬が家畜小屋を去り今では次の国にいる。そしてBad Bankの話はPaulsongsMLECの概念に失敗した時、およそ2007年末頃、そして使用できるにはとんでもなく遠い。そしてその時でさえ、主の受益者はCitiであったことは明らかであった、そこがどの銀行と比べSIV(structured investment vehicle)のエクスポジャーが非常に高かった。

そして事を複雑にすると、米高官はCitigroupの規模と複雑な会社を終わりに近づけるテンプレートを持っていない、それはFed議長Ben Bernankeが先週の上院意見聴取で明らかにした。

『私は議会に骨組みを提供するよう要求します、そこでCitigroup, AIG, その他の多国籍の複雑な金融複合企業を解決する事ができる、もしそれが必要になってくれば』Bernankeは上院予算委員会で話した。

ベアーが破たんした後、証券会社にとって特別破たん体制が最優先の仕事であるべきであった。議会でのBernanke の卑劣な言動はミスした。それはFed自身が金融安定監督機関の仕事を任命した、よってそのレポートで議会がそれ以上のことはできないは子供じみている。

できれば、Citiでのストレスについて間違っていればいいのだが、クレジット市場での負担が増加してきていると言うレポートがあり、Citiは傷つきやすいかもしれない。多分政権は終に、遅ればせながら、数ヶ月前に取り組むべきであった問題に取り掛かっている。

広告