英国は量的緩和に乗船する

投稿者: whitegru3

3月5日にイングランド銀行は300年の歴史上初めての発表をした、金利を下げ英国のマネーサプライを増やすために量的緩和を始める。

Telegraphから:イングランド銀行のマネタリー政策委員会は金利を50Bpsを引き下げ新歴史上最低の0.5%にすることに投票した、そしてすぐに£75Blnの資金を経済に注入すると言った。

大胆の対策-量的緩和として知られ、中銀にとって”核の選択”として考慮される-は予測されていた、がその初期投資の速さと規模は驚きであった。

中銀のMervyn Kingへの手紙で、本日発表された、首相はMPCのリクエストで国債と民間セクター資産に合計£150Blnを使う要請を権限を与えた。

中銀は、新資金の大部分が国債、GILTSに使われると言った、それとビジネスへのクレジットの流れを増やすために最高£50Blnが民間セクターの資産に使われる。

アメリカ人(とジンバブエ人)にとって今ではどんな通貨数字でもゼロが12桁以下かないものは偏見を持った見方をする、£150Blnは確かに多額である。

その実施の絶大なスケールは、英国全体の社債とコマーシャル・ペーパー市場はわずか£57.5Blnしか値しない事実から説明できる、それが中銀の入札総額£250Blnに資格ある政府発行の債券の金額である。

それは英国のGDPの10%にも値する。

一つ好感要因として、その発表以来Giltsの利回りがかなり下落した。

投資家が入札の期待でGiltsに買い押し寄せ、その最初が来週の水曜日、Gilt価格は少なくとも17年間で最大の上昇となった、あると人は英国債歴史上一番劇的な日であったと宣言している。Gilt価格の上昇が利回りを下げる。

『Gilt利回りで1ヶ月に30Bpsの値動きは大きな動きである。』とInvestecのPhilip Shawは言った。『1日だけでそれだけ動くと言うことはほとんど前例がない。』

10年ベンチマークGilt利回りが32%下落し3.32%へ。

願わくはこれが民間の借用者の金利を下げることに導かれればいいのだが。

イングランド銀行は多分正しいことをしているのだが、英国の経済状況が相当差し迫ってその最後の手段の”核の選択”が有効なたった一つの手段になっていることが厄介な事である。

Bloombergから:

英国の住宅販売が1978年以来最低水準まで下落し製造業活動は40年間で思考の縮小した後に£はユーロに対して5週間ぶりの安値に下落した。

工場生産は12月から1月で2.9%下落した。とロンドンのOffice for National Statistics(国家統計局)が発表した。Bloombergで統計を取ったエコノミストたちは1.4%の下落を予想していた。製造業は1月までの3ヶ月間で6.4%縮小、1968年以来の最高の下落。

GDPは第4四半期に1.5%収縮した、1980年以来最高であると2月25日のレポートから。

イングランド銀行の行動が意図された効果が見られるか又は量的緩和に大きな可能性ある弱点がどんな恩恵を沈めることになるかまだわからない。どんなレートでも、米国政策立案者にとって近い将来に同じ経路で乗船する前に英国の量的緩和の実験を見ることは教育的である。もちろんこの機会でどれでも勉強されたレッスンを実際に内面化するかどうかは別問題であるが

広告