CitiのLehmanのような情報漏れの遅くなったコメント

投稿者: whitegru3

Lehmanが消滅する時に、論戦が、Greenlight CapitalのDavid Einhornによって代表される何人かの空売りの間で進行中であった。EinhornはLehmanの財務諸表に疑問を提起し、特に矛盾点と明るく見える評価について。その争いは不気味に個人的なものになった、Lehmanがカリスマ性のあるCFO Erin Callenのイメージを磨き上げることを探し、推定される悪の会社破壊Einhornmに反抗して。もちろんもし実際の業績がEinhornの一連の調査が述たように悪ければ、それは会社を破壊したのは管理職だが、その水準の情報はCNBCはよく失われてしまう。

そしてLehmanの常連の特集記事の一つに対して中傷する人たちにメディアへの漏れがあった、たとえその会社がある意味で説得力のあるもっともらしい反証があったとしても漏れのようなものでそれは明らかに外部の人たちに流れる意向であった、特にメディアに。

さてCitiに場所を変えてみましょう。WSJから:Citigroup Incは2009年の最初の2ヶ月で収益を上げたそしてそれは1年半で一番最高の四半期であるとCEO Vikram Panditは内部メモで従業員のと投資家の信頼を増強する目的で言った。

これはただ単にびっくりである。WSJには前置きで内部メモは実際に投資家を安心させる意向にあると言っている。言い換えると、WSJはその情報は広い範囲にわたってそのまま公開される予定であったと言っている。その詳細は:

銀行は収益–資産の評価減を除いて–1月と2月に$19Bln をあげたとPandithがメモに発表した。その四半期全体で、税引き前の収益と問題のあるローンのための補助金は$8.3Blnである、それは前年の率で収入が流れ込み費用が第4四半期と一致すると推測して。しかしCEO Panditは3月の相場の乱高下が結果変えるかもしれないと警告した。

文脈を読み直してみよう。WSJが第一面記事を出した前夜、それは苦しんでいる銀行には何も有利なことはなかった。

Citigroupの3度目の救済後1週間もたたないうちに、米国政府高官はもし問題が起きたら銀行を安定化するためにどんな新しい手順が取れるか調査している。とこの件の詳しい人が言った。

連邦政府高官はこの話し合いを、広い範囲にわたる予備的な、万一の時の計画と説明している。監督機関はもしCitigroupが急に悪い方向に転換したら準備ができてるように確信している、それは予測はしていないが、とその人たちは言った。

それで、そのすぐ翌日に、Citiは全世界に向けてそれそれは間違えである、状況は実際に好転していると伝えることに決意した。

さて考えてみよう:公開企業によって財政状況、運営、決算結果の声明発表は正確さのただ単なる基本とはならないが、”誤解を招くものではない”重大な言語は:

それは誰にとっても、直接又は間接に、どんな方法を使っても又は州際通商の手段を使うことでも、又は郵便又は国家の証券取引所のどんな設備を使うことでも不法となる。。。重要事実のうその声明を作ること、又は必要な声明を発表するために重要事実を除外することは、それらがなされたこの状況を踏まえて、誤解を招くものではない。

さて、この小さな情報漏れの美しい所はそれが2ヶ月の期間をカバーしているところにある、ということはそれは四半期の結果を直接に比べられないところにある。それは評価損の計上を含まず(それは誤解を招くものであると議論する)Finanncial Timesには:

しかし投資家は冷静になるべきである。その見出しの注目される収益の数字は、もちろん評価損の文が含まれていない。その上、Citiは9月の末まで8四半期で調整済み収益で$20Bln を越えていた。昨年の悪夢の最後の四半期でさえ、評価損を除いた収益は立派な$13.4Blnあった。よってCitiの豊富な大見出しは何も興奮する理由はない。その”利益”は快適さを数値で表せなく、どれだけの評価損がその儲けを食い込んでるか。それは問題である。値荒い相場で、外国為替と現物株式のようなビジネスの流れは常に良い。

そしてTyler DurdenはSmith Barneyの一部売却がらみで2度数に入れていると指摘する。

色々見方はあると思うが、これは株価を誘導するための厚かましい試みように思える、そして確かに成功した。

これでCitiは今回はFuldのような作戦手段を使った。

もっとわけがわからないのが、なぜ相場全体がはそのような歓声を受け入れたのか、今では縮んでしまった金融に反して。銀行は今日ではどの貸付でも広いスプレッドに好感している、超低い借り入れレートとそれほど下落していない貸付レートに感謝(確かにクレジット・カードを持っている人は誰でも残高の金利増加の通知を受け取っている)高い実質金利(そしてこのようにして広い銀行スプレッド)は典型的なデフレーションの特徴。銀行に良いことは経済回復に良いこととは限らない。

広告