Cuomoはトレーダーたちがメリルを略奪したと断言する

投稿者: whitegru3

思い出してみるとそれらのボーナスは通常より早く支払われたそうなればメリルの買収の完了前に起きる。メリルはBank of Americaにそれを通知したと主張する。(そしてその関連の支払いは承諾されるべきである、そうしなければそれは合併契約の違反になリ契約を危うくする可能性がある)

最新の妙案は、飛び交う記者のレポートを生み出し、Cuomoが新しい方針を取った、メリルが議会にその支払いがいつされたかの誤解を招いたことに起訴している。しかし私の考えではNY Timesの記事の終わりが一番興奮させるところである。

Cuomoはメリルトレーダーが自分たちの帳簿をより高いボーナスを受け取るために12月初期に誤ってマークしたと主張した。

『どうやらそれらの損失のいくらかは2008年のボーナスが設定された後にだけかれらのポートフォリオがメリルの従業員によりマーク・ダウンされた』司法長官は訴訟に書いた『その巨大な予想していなかった損失にもかかわらず、メリルはそのボーナスを再検討しなかった』Bank of Americaはメリルにボーナスのプールを削減するように要求はしなかった。

これは特に強い、損傷賠償である。トレーダーとして働いていた人たちがストラテジーに取り組んで(明確には説明されてはいなかったが)それが年末までに高い収益を上げそれが翌年の初期に全てを返してしまったということを繰り返し読んでいる。その考えは彼らがでっち上げた業績で翌年に首になろうが関係ない。しかし多くの種類の行動がこの結果を生み出すよってどのタイプのトレーダーのごまかしが起きているのかしるのは難しい。そして名前なしに、又はその非道な陰謀の人相なしに、それを立証して取り扱うことは漠然し過ぎている。

しかしここで、もしCuomoが正しければ、どれだけの金額が詐欺であるかがあり、そしておまけに恥知らずである。そして誇張された収益は上級管理職の帳簿記録違反ともなるであろう。

これは大変面白い。この調査は終に出発のところに行き着いたようである。

広告