銀行は有言を実行し始める?あまり期待しない方がいいかも(時価会計版)

投稿者: whitegru3

大手の追い詰められた銀行からの新たなメモ、昨日のCitigroupの漏れたPanditメモで始まり、Bank of America CEO Ken Lewisの宣告、銀行は2009年に収益が高くなる、状況は良くなるそしてこの国営化の話すべては正当と認めがたい。

すべてが終了するまでは判断を差し控えた方が良いと思う。金融危機の記録は住宅市場はまだ下落する余地があると示唆している(それは住宅価格が収益と賃貸に対して歴史上の規範に戻る必要があるという概念に一貫する)そして失業率はそのピークからまだ程遠い(Reinhart/Rogoffの歴史上比較では米失業率は12%に達すると示唆する)

John Hemptonによって指摘されたその裏面で;米銀行は広いスプレッドを稼いでいる、よってその収益力は良い。Fedのほとんどゼロに近いFFレートによって高められている。そしてこの広いスプレッドは銀行には良いがsh供養者にはそれほど良い話ではない。ある人たちは銀行が異なった住宅市場を促進させるプログラムに参加する規制が損害を与えているという不安が高まっている、しかし率直に、これらのプログラムがObamaチームが噂をされている住宅保有者の数に手が届くのに近くなることには懐疑的である。

よって2009年の描写は大手銀行が評価損に関してどれだけあるかにたどり着く、そして忘れられないのが、トレーディングのオペレーションがどれだけ儲かっているか。Ken LewisはまだBank of Americaを伝統的な銀行を描き出しているようだ、そしてメリルが伝達する損失とこれ以上の評価損を無視している。

しかし生き抜きも表に見えてきている。上院の意見聴取は見ていないが、時価会計は消滅のようである。Bloombergから”Lawmakers Tell FASB to Change Fair-Value ‘Quickly’ “:『政策立案はFASB(財務会計基準審議会)にすばやく適正価値に変えるように言う』

米議員 Paul Kanjorskiは監督機関に、企業に銀行が金融危機を悪化させた責任で会計基準で適正価値を適応させよりゆとりを与えるようすばやく行動するように言った。

『もし監督機関と基準設定者たちが今その基準を改善するために行動に移さないと、議会自身で行動するしかなくなる。』ペンシルバニア州民主党で下院金融サービス委員会資本市場小委員会を先導する Kanjorskiは今日の意見聴取で言った。適正価値、それは会社に市場価値に反映した資産をマークすることを要請する、は多数の意図しない結果を生み出した』と彼は言った。

Kanjorskiは、彼はその規則を一時停止することを支持はしていないといった、それはそのような行動はまず最初の段階でmark-to-marketを必要とした主観性と巧妙なごまかしの種類を取り戻すからである。』

適正価値を削除することはレポーティングの品質と透明感を減少させる、そして相場の投資家信頼感を逆行して影響する。その規則は金融機関の基本的な問題をより即座に明らかにする助けをすることができる。

コネクチカット州NorwalkベースのFASBによって用意されたガイダンスは自社の資産を評価する判断を使うことを企業と監査機関に励ました。

両方は使えない。上院は若干使いやすい型の適正価値会計を保持するふりをしているが、業界にとって有利ということは財務諸表は信用できないという意味である。それらは信用できない。繰り返し言っている例を思い起こさせる必要があると思っている人は誰でも、Lehman。たとえ時価会計でさえ、Lehmanは$100Blnの損失を$600Blnの無担保の債券者にあげ、バランス・シートを変えた。その水準の評価間違えは不可能であるべきである(レベル3資産のような免除される部類の不在、それがおおっぴらにうそ偽り)もしこれが会計詐欺であったなら、(私はそれがそうであった方に傾いている)、既存する規則は甘すぎてその間をスパータンカーが通り抜けられる。Lehmanは、すでに既存の規則が多すぎると言った。少なすぎるではない。

ここで半信半疑ではいられない。客観的基準があるかないかである。主観的評価が許可されてそれらが乱用されないということは全くの空想である。

適正価値が実施された理由は、Churchillが’言ったことを言い換え、金融資産を評価するのにその他の試された全ての方法をのぞいて最悪の方法であった。原価法は資産の一生涯に渡り金利がかなり動いた環境下では誤解を招く。銀行も評価損を計上することを避け、それらが明らかに価値を失うまで資産に対して保留する。償還まで保持することは(それがローンには使われ、そして多分いくつかの異形は新たな適正価値の妥協となるだろう)かなりの主観性である。

時価会計の一つの悪い特徴は、循環的促進である。それは市場価値は一般に上昇する金融会社のバランス・シートの資産価値は上昇する。たとえば以前資産価値100であったものが今では120になった。何だと思います?その価値の上昇が資産を20増やした。もしWall Streetの企業だったら、自分にいくらか報酬を支払うが、その保持した一部にレバレージをかける。そうすると会社がもっとリスクをとるたとえ保有資産は変わらなくとも、ただ単にそれらの評価だけ。誰も時価会計には問題がなかった、誰もを良く見せていたら。その過程の逆が下方向に見てくると起こる。(自分自身に報酬を与えている従業員たちを除いて、これがそのように働くのは面白いことである。)もちろんもう一つ解答がある、それは循環促進型の資本規制を持つことである(一般資産価格が上昇すれば高くなる、下落すれば低くなる)そしていくらかはかなりの詳細が詰められてきた。しかしそれは常識がありすぎて銀行が絶望的にバランス・シートの豚に口紅を厚く塗るすぐ聞き薬にはならない。

時価会計の消滅はなんて事はないと論争する、BloombergのDavid Reillyのように、彼の分析によるとKBW Bankインデックスの大手12銀行の資産29%にしか適応しないと主張する。

最初に、そのインデックスを見てみると、それはGoldmanとMorgan Stanleyが含まれていない。2つ目にその最新のレポート日の後にメリルはBofAに買収された、よってそれを含めることはその合計をやや増加させるかもしれない。時価会計を見て、結論にたどり着く

続く…

広告