AIGボーナスを抑制する兆候

投稿者: whitegru3

AIGのボーナスについてWashington Post の記事から、納税者のささやかな勝利が表されているようである。

American International Groupは今週に上級の従業員に何千万ドルものボーナスを少しづつ出す。

AIGは政府の救済が始まる数ヶ月前にボーナスを支払うことに承諾した、この事項はまだ政府の怒りの源である。水曜日の電話会話では、財務長官Timothy F. GeithnerがAIG会長とCEOのEdward M. Liddyに支払いは認められないそして再交渉される必要があると言った。と政権の関連者は言った。

AIGは会社のトップ50人の高官に支払われるはずであった$9.6Mlnのボーナスを編成し直すことに承諾した。AIGのトップ7人の重役、Liddyを含むはすでにこの支払いを全てなしで済ませることに承諾した。次の43の高い階級の高官はそれでも今半分のボーナスを受け取ることになるだろう。1/4が7月15日に分散され残りが9月15日になる。しかしこれらの残りの2回の支払いは、会社がリストラ計画に進展があるかに付随する。

計算してみよう、$9.6Mlnを50人の重役で分けるとおよそ$19万ずつになる。そして50人が半分を受け取る、その2回目の半分、およそ$9万5千ずつ、それは遅れで、業績に応じてである。

よってWashington Postの2ページ記事次第で$4.8Mlnの節約の可能性がある。公平に見て、それはちょっと歴史がある。しかしこれはAIGに与えられた金の0.0028%に値する。

この軽い罰は残留特別手当の問題を解決する努力には何もなっていない、そして$4.8Mlnははした金。その過去を復習してみましょう。Financial Times11月27日から:

重役のトップ層のボーナスと報酬にきつい制限の発表した次の日、AIGは何人かの重役が来年に残留特別手当数百万ドルを受け取る事を明らかにした。

130人の主要の重役たちの残留特別手当を9月に明らかにされた、米政府がAIGの79.9%を$85Blnで購入することによって会社を破たんから救出した後である。政府買収後、Edward Liddy、以前Allstateの会長はAIGの退職サービス部門の所長Wintrobとその他にも残留特別手当を提供した。

AIGのスポークスマンは水曜日に、残留特別手当は火曜日の声明に含まれていた年賞与とは違うといった。

注目、この表明はThanksgivingの前の日に出された、多分そうすることによって最小限の注目を受けると推測したからだろう。

次のボーナスの目撃は、12月9日でBloombergから:

AIG、のボーナスと特権は米国会議員から批判を受けているのに、別の38人の重役たちに最高$4Mlnの残留プログラムの支払いを提供した。

その奨励は給与を$16万~$1Mln稼いでいる従業員に$9万2,500から$4Mlnの範囲である。CEOのEdward Liddyは12月5日付けの手紙で下院議員のElijah Cummings宛てに出した。NYベースの保険会社は以前に130人の管理職が報酬を受け取り、一人の重役が$3Mlnを受け取ると明らかにしていた。

メモ、多くのケースで残留特別手当は年に支払われる業績ボーナスの部分より大きくなる可能性がある。

ハイライトは12月13日のBloombergから:

American International Group Inc、保険会社は、政府の買収後168人の重役への支払いは止めず批判を受け、少なくとも2000人の従業員に残留特別手当を与えているとこの件に詳しい人は言った。

その残留特別手当は最高1年の給与に値し、受取人はその支払いの秘密を守ることに命令されたとその計画は秘密であると札がつけられたため名前を申し出る事を否定した。報酬は売りに出されているビジネスの最高10%の職員に提供された、それには航空リース、米国と海外保険部門が含まれていた。

『もしこれらの隠されたボーナスを何千人もの従業員にあげる金があるなら、Liddyは連邦政府に返す金の小切手を書く時期である』と下院議員メリルランド州民主党Elijah Cummingsは昨日の声明で発表した。

AIGのスポークスマンNicholas Ashoohは、生命保険部門の社長はかれの社員の最高10%、選ばれた7~8%に近い社員に残留特別手当を与えても良いという許可されたと言った。全世界AIGの生保部門は3万7千人の労働者がいる。通常の支払いは給与のおよそ6ヶ月に値する。

メモ、これらの行動は全てObamaが当選してからBush政権の衰えていく日々に行われた。言い換えると、これらの支払いを削減する行動が何も取られていないことは確かである。そしてどうやらいくつかの残留特別ボーナスでミスした分がある;WaPoの記事には今ではそれらは4千700人の従業員をカバーするとある(残留特別手当を再変更していた)総額$600Mln。2700人がその合計に加えられ小額が支払われたのはその平均が今では$12万7000に下げるためにではないかと疑う。思い出すと前のその額の範囲は$9万2000~$4Mlnだった。)

広告