Wall Streetの企業は給与増加を通じてTARPボーナス上限の裏をかく事を探している

投稿者: whitegru3

だれでも激怒を長い間保持できるとは思わない、そして金融業会の支払いを恐ろしい結果にもかかわらず抑制することが無能であることを見ていることは大変平静さを失わせる。もしこれらの人々がそんなに価値があるのなら、小規模の店に行き証明ささせれば良い、そこでは大きな企業の皿から与えられたものを食べルより、殺したものを食べる。政府のライフサポートにある企業は納税者の金でリスクを取るべきではない、それらはいんちき商品をきれいにし比較的リスクの低いビジネスに集中するべきである(たとえ奨励はその反対になる)その態度は主として神話的なタレントを支払うには正当化しない。

そして私たちがそれについて何ができる”において、ここで息抜きをすることは人の精神的健康にとって良いことである。しかしボールを進めるにはさほどの役にはたっていない。お偉い方は神経質で、MSMで何がチームプレーされているか。かなりの民間の反対にもかかわらずTARPが通過した大きな理由はメディアが入り込んできた。疑わしい国会議員はそれらが必要なカバーする放送がなかった。

WSJから:

予測されたボーナスの制限に答えて、政府援助を受けたCitigroup Inc., Morgan Stanleyとその他の金融機関の高官たちは、何人かの重役とその他の高生産能力のある従業員の基本給を増やす話し合いをしている、と件に詳しい人が言った。

その話し合いはまだ初期段階である。一部は政府がTARP援助を受け取った企業に許すボーナスの支払いの特定のルールを発表していないからである。その話し合いは慎重に進められている、それは政治的な不安的な支払い、ボーナスとWall Streetでの特権からで、それにはAIGが保険金融商品部門に$450Mlnのボーナスを支払う約束した激怒が含まれる。

よってこれらの変更が交渉されている、ということはたとえどんなことがでてこようとも認可される。

Wall Streetのほとんどのトレーダーと銀行員は基本給の最高経営責任者(MD)が$20万以上で社長(チーフエグゼクティブ)が$1.5Mlnを受け取っている。しかしそれらの支払いの最大の分け前がボーナスから来る、ほとんどの会社が民間のパートナー・シップとパートナーが直接に会社の年収益を分かち合った時からの伝統。

銀行と証券会社は増加する報酬しきたりの規制と格闘する、トップの従業員の給与のかなりの増加は一般の解答になるかもしれない。何人かの業界の高官は言う。大き目の給与がボーナスの相対的なボーナスの重要性を削減することだろう、しかし金融企業をそれらの支払いを増やす助けにもなる、それは通常総合年収入の割合で計算されるからである。

この妙な現在形の使用、支払いの最大の分け前がボーナス、それが権利を与える事と言っているように?収益なしということはボーナスは少ないか何もない。

これが正しいことであるか訂正してしてください。しかしわたしの記憶では1980年中旬~末の中堅から上級の人たちの給与は$10万から$12万5000の範囲だった。インフレ3%の複利で、それが$20万になる。そしてボーナスはほとんどの年でほとんどに地域で基本給より大きかった。そしてそのころはみんながボーナスは全体の企業の結果に大きく反映していた。

『削減されたボーナスが脚光を浴びる中基本給を増やすことがトレンドになっている。』とFinancial Services Roundtableの政府業務SVP Scott Talbottは言った。トップの稼ぎ方が提供する『収益なしで』は『これらの企業は生き残れない』

これらのロビイストがこんなことを正面を向かって言うなんて信じられない。これらの会社はその才能があると思われているものがいても生き延びれていない!

多分Talbottはアメリカでただ一人、全てのメディアのレポートでこれらの会社と破たんのたった一つ間は政府の小切手であるということは逃したようだ。それで私たちがこれらの会社を崖っぷちに追いやった人たちに借金を金額払い込む、そうすればそれらがもう一度同じ事を繰り返せる?WSJはより事実に近い見方を書いている:

『個人に高い給与を支払っているのは官僚政治姿勢ではない』Options GroupのCEO Michael Karpは言った。『どうして銀行員にその人がどれだけの収益を上げているのかわからないのに高い給与を上げられようか?』

それでも、評論家はどんな可能性ある連邦制限を回避することに飛び掛っている。基本給を上げることはただそれを違うポケットのなかにいれそれを他の呼び名をつけ過剰の支払いを抑制するための試みに答える長く不名誉な伝統の思うつぼに入ってくる。と企業-統治問題に注目を置くリサーチ会社Corporate Libraryの著者Nell Minowは言った。ボーナス制限を避けるどんな試みも『株主から反対されると予測できる』


広告