そんなの当たり前、ヘッジファンドもAIGのCDSを買っていた

投稿者: whitegru3

WSJに明らかに当たり前なことが書いてあった:ヘッジファンドはたびたびAIGのCDSの買い手であった、直接であるか、又は間接的であるか、AIGが保証する構成された商品を購入、CDOのようなもの。

WSJから:

AIGを救済するために支払われた政府の何十億ドルもの金額は住宅市場の下落賭けたヘッジファンドに役立つとこの件に詳しいひとは言ったそしてWSJによって書類に再審された。

書類にはどのようにしてWall Streetの銀行がヘッジファンドと減退していくモーゲージに絡んだ数十億ドルの資産を抱えたAIGの取引の中間業者であった示している。

取引はこのように行われた: Goldman Sachs Group Inc. と Deutsche Bankのような投資銀行が金融商品をモーゲージ・デフォルトが上昇すると賭けさせヘッジファンドに売却した。これらの商品はCDS(credit default swaps)、保険の種類で債券がデフォルトした場合に支払いがされる。

この記事はあまりうまく書かれていない。最後の方にだけ銀行がこれらのリスクをAIGに置いたと書いてあった。

米国政府のエクスポジャーのいくつかはヘッジファンドが2005年の住宅市場に問題があると見出したとさかのぼる。彼らは”空売りをするか”-反対に賭けたかった―疑わしい借用者のモーゲージによって保証された証券…

ヘッジファンドにCDSを売却した銀行は反対に回って自分たちのリスクをヘッジしたかった。しかしその保護を探すのは簡単ではなかった。

よってドイツ銀行の証券会社部門、 Deutscheで、CDOとして知られるオフショア会社の一握りを作成した。これらの会社は一連のエキゾティクな名前を持っていた、証券申告によると、おもにあだ名”START”の周りに基づいて、STAtic ResidenTial CDOの略。それらがDeutscheにヘッジファンドの賭けをその顧客が反対に賭けているのと同じ証券のSTRATからスワップを購入することでのエクスポージャー中和することになる。

STARTが金融業者のヒット・パレードから保有した資産はサブプライム危機に密接に関連し、それにはBear Stearns, Countrywide Financial、New Century Financialが含まれていたとWSJによって再審された書類による。

2005年に、DeutscheはSTARTによって保有されているモーゲージ・リスクのかたまりの取得希望者を見つけた:AIG Financial Products。AIGのデリバティブ部門が2つのSTARTの物件に$1Blnまで支払うことに承諾した、もし基盤の資産が劣化し又は、保険会社自身のクレジット格付けがある限界を下回ってきたら。AIGは売却した保険のすべての$1に対して毎年1㌣の何分の一を稼ぐ、と証券申告から。言い換えると、$1Blnの保険に対して毎年$10Mln以下の収益を上げたということになる。

2006年にAIGがその市場から脱出するまで、『AIGはサブプライム・モーゲージCDOスペースで単一の最大究極のリスクの書いてだった』とAIGからクレジット保険を購入した企業のシニア投資銀行員は言う。

本当にひどいサブプリム取引は2005年第3四半期から2006年末に書かれた。たとえ2007年版はもっと悪いかもしれないが、そのころには相場はストレスを受けて、融資開始(オリジネーション)の出来高はデフォルトが上昇し始め下落した。悪い契約の大部分は2005~2006年に融資が開始され、そしてAIGがかなり関連している。

昨年の秋、AIGのクレジット格付けが下げられた後、AIGはおよそ$800MlnをSTARTに支払ったと関連者は言う。ほとんどの金はエスクローに保持されていて、もしポートフォリオのモーゲージ・デフォルトがある水準以上に上るとDeutscheのスワップ契約を支払うために使われる。その金のいくらかは Deutscheを抜けてヘッジファンドの顧客に行く。

もし住宅市場が改善すれば、AIGはSTARTに転送された現金の多く又はいくらかを取り戻すことできる。しかしその結果は数年はわからないであろう。AIGがエクスポーズされているSTARTの部分はS&Pにより初期はAAAの格付けだった。それらはそれ以来JUNKに格下げされている。

START CDOのシェアはGoldmanによって作成されたモーゲージ・プール”Abacus”にある程度似ているそしてAIG Financial Productsによって保証されている。

計算してみると、2005年に取り組まれた契約。年次プリミアムは$10Mlnだから、AIGは最高で$50Mlnを受け取ったことになる。(そしてそれらの契約はうまくいったと思われていたことから、前年に受け取ったプリミアムのいくらかは疑いなくAIGFPのボーナスに支払われていた)AIG(今は実際には米納税者)は$800Mlnを決済しなければいけなかった。そして彼らはそのようなほかの契約がある。

別の話題で、Timothy GeithnerによるAIGの野暮な防衛がある。他の人が言うようにそのボーナス事件がやりすぎであると、同意するが、もう一段他の水準で、完全に道理が通る。直感的に、国民は大手金融会社の重役と社員はここ数年に支払われすぎたと知っているそれはその収益が誇張されていたからである。、それは信用できない会計と不十分な貸倒引き当て金のためである。その金は取り戻せない、しかしより多くの金がもっと払い出されるという考え、たとえ救済に比べて小額の金額でも、今では会社は破たんしている、攻撃態度である。

しかしこの財務長官から本当に知能―侮辱的な部分は:

『われわれはAIGにちょうど支払われた残留特別手当を会社のオペレーションから財務省に払う契約上の制約を課す。とGeithnerは書いた。『追加で、われわれはそれらの支払いの金額に等しい金額の援助を$30Blnから差し引く』

この時点でその金は全て政府からである。それが明らかにばかげていることである。AIGは全ての付随するそこに加えての権限の普通の会社のように扱われている、経済的な観点から言えば国営化である。(アメリカ政府はたとえ良い日でも時価総額の何倍も支払っていた。);その架空の少数所有権が連邦政府の帳簿に借金を連結することを避けるためである。

広告