メリルの評価損:陰謀が厚くなる

投稿者: whitegru3

Financial Timesから面白いニュースの断片:Bank of Americaはメリルの評価損によって不意打ちを食らってはいなかった(Ken Lewisは疑いなくその契約から逃げたかったけども)そのCAO(最高会計責任者)がそれらを作るのに深くかかわっていた:

Bank of Americaは直接に2008年最終四半期メリルの$15.3Blnと一貫するマークダウンに携わっていた、Wall Street銀行がBofAに買収される前の最後の期の発表、と関係者は言った。

12月の間にメリルに積み重なる損失は買収をもう少しで脱線させた。BofAのCEO Ken Lewisは、米国政府が余分の資金$20Blnを準備しなければその契約から手を引くと脅かした。その契約は1月1日に連邦政府高官たちが援助を保証した後に閉じられた。

この件に詳しい人は、BofAは最高会計責任者のNeil Cottyを第4四半期の間ににメリルの財務部と協力して働くように派遣した。Cottyが口座を準備し、契約が終了した後に彼と他のBofAの高官たちにレポートするように設定されたメリルの重役たちに影響を与えのに積極的な役割をしたと伝えられる。

12月のCottyの係わり合いで、関係者は、メリルは第4四半期の$1.9Blnのレバレージ・ローン評価損とアセット・バック証券に関連するデリバティブのエクスポジャーに対して$2.9Blnをリバースした。

Cottyは更に投資格付け企業にかかわるCDSの$1Blnの評価損のけいかくに賛成した。“high vol 4” indexのポジションのマークダウンは$100Mlnの益を$900Mlnの損失に転換した。

Cottyは、『BofAはメリルの第4四半期の財務諸表にアクセスし多くの会計政策と評価問題に入力をし、これらの決断、記録とその他の評に関してメリルの管理職が責任があった。』

これらは2つの方向の見方がある。どちらもきれいなものではない。

一つはBank of Americaが最高に積極的な評価損の計上を勧めた(言い換えると、一番悪いという意味)そうすればメリルとの契約が終了した時にメリルができるだけきれいになっているだろう。その問題はそれをするのに十分評価損を計上することは(それがBofAの最初からの計画であったと推測する)その銀行をひどく支払いすぎた見せる。こうして契約から逃げる恐れはやや策略的だった、それはその損失は少なくとも保留の結果の一部であったから(又はBofAが評価できないポジションに対してのヘッジ)

2つめは、BofAの多く(ほとんど?全員?)が評価損の計上は合法的で要求されると強く押し付けた。その意味合いはメリルは長い間そのいかさまポジションに極端に楽観的過ぎる評価をしてきた。そしてそれは又メリルの実務が業界の平均からはそれほど外れていないことを意味する。(覚えているだろうか、BofAはJP MorganとCitigroupと違ってエキゾティクの債券商品の大手プレーヤーではない)それが同じように、他の大手キャピタル・マーケットプレイヤー(Goldman, Morgan Stanley, JPM, UBS)の財務諸表が少し寛大に評価されている事を示唆する。

もちろん、これらの可能性は互いに矛盾はしない。

広告