官民協力の詳細が浮かび上がる 

投稿者: whitegru3

NY Timesに浮かび上がっている官民協力のプログラムの内部情報がでているようである。そしてそれは低い期待と統一しているように見える:政府がくずのペーパーに市場価格以上支払うことになる事実でうまくやってのける何から何までの多くの色々なもの。

要点:

3つ又のアプローチは多分銀行のバランス・シートの重荷となって、新規ローンを作成する能力の機能を失わせ、深まっていくリセッションの赤字の資産から国家の銀行システムを救い出すObama大統領の計画一番の中心的要素である。

来週発表されるその計画には3つの分かれたアプローチが関係する。一つ目は、FDICが特別な―目的の投資パートナーシップを設定しそれらのパートナーシップが銀行が売却したい不良資産を購入するのに必要な資金のおよそ85%を貸し出す。

もしこのプログラムに誓約された資金が銀行が荷降ろしたい資産の帳簿価額よりかちが低いと(又は銀行がその可能性に心配であると)、その銀行はそれらの一番悪いいんちき商品を最初に投げ捨てる試みの奨励がある。

追加で、何回も言っているように、銀行は本当に価値が何もないいくつかのペーパーを所有している。このプログラムはその問題を解決することはできない。

2つ目は、財務省は4~5の投資マネージメント会社を採用し、政府資金を基本に$1に対し$1をおのおのの会社が提供する民間資金に釣り合わせる。

アセット・マネジャーを採用して何をする?ある投資家は85%の援助を受け、(もっとより後で明らかにされる)他は$1に対して$1を受け取る?もしすごく違った役目が想定されているんでなければ、これはつじつまが合わない(しかしどうやってアセット・マネジャーが決定する資産価格を与えるのであろうか?又はこれらは統合されるべきでまだされていないオフ・バランス・シートの事業体のため、Citiで問題になっている$兆のような)

3つ目は財務省は貸付を Term Asset-Backed Secure Lending Facility(TALF)を通じて拡大する計画、Fedとの共同事業で。

最初のTALF契約はうまく行ったようで、Tyler Durdenが、その収容能力はクレジット―マニア全盛期の年次発行水準の2.7倍あると指摘する、ということは$1大幅に近い内の衝撃に誇張しているすべての口座によるクレジット需要は健全さからは程遠い。安いクレジットは弱いから下落している資産価格と雇用不安定の環境下で誘惑的ではない。

FDICの部分の詳細はまだ金曜日には完成されていなかったが、それは政府が圧倒する大部分の金を提供すると予測されている―できれば95%以上―納税者の金のローン又は直接投資だけれども。

希望はそのような寛大な納税者の助成金が市場で民間の投資家を引き付け、国に銀行の回復を早めることである。

この計画の概要を知っている人によると、納税者のための主要な保護は民間投資家が入札でその資産にたしてお互いに買いを入れあうことである。その結果、政府高官は、政府が銀行の不良ローンを初期の額面価格に対して大幅値引きで購入することになる。

なぜならば政府はこれらのモーゲージを好きなだけ長い間保持することができ、高官たちは政府が返済され、そのローンの市場価格が今後数年に上昇し、納税者でさえ収益を上げることができるかもしれない。

ヘッジファンドとプライベート・エクイティー社のような民間投資家の参加を誘惑するために、FDICはノンリコース・ローン(融資返済の財源を、担保物件からのキャッシュフローだけに限定する融資。例えば、不動産融資では賃料収入、物件売却代金のみが投資家の求償範囲となる)を提供する―不良資産のポートフォリオの価値の85%に値する。

残りの15%は政府と民間投資家から来る。財務省はその内最高80%を提供する、その間民間投資家はその資金の最低20%を入れると業界の高官は言う。民間投資家はそれでその資産の最低3%で政府が97%の貢献となる。

もしこれが新語法でなければ、何であるかわからない。ファンドの合計に3%を提供した人がその資産のパートナーの20%を受け取ることができるのだろうか?

そして政権の競売でが適正価格を起こすという仮定に関してNY Timesから懐疑的なヒントが見受けられる。最初に銀行は、普通の入札で、推定上に帳簿の資産価値と等しい最低競売価格を設定する。もしその価格が最低価格に見合わなければ(そして買い手に公表されていない最低価格の水準)販売はない;このケースでは、銀行は不良商品を保持する。

銀行がそれらの帳簿に保持する価格に少なくとも等しい価格であると理解させるには境界の条件である。もし銀行がその資産をより低い水準を売却するなら、それは損失を生み出す、それが資産に直撃する。この実行の本質は銀行をこれ以上弱めることなく不良ペーパーを取り除くことにある。

よっておそらく、競争上の過程の意味は(十分多くの集団がどの特定の入札に結果を生み出すために参加すると推測して)ぎんこうの最低価格に届くかもしれない十分高い価格を引き出すことである、それが今の銀行の帳簿の価値となるだろう。

そして全くの不正直に注目:競争入札の過程が納税者を保護する。?競争入札の過程は高い価格を引き出しそれは納税者には悪い!

政府の人間は本当に一般は馬鹿の集まりだと思っている。しかしこのプログラムには大変多くの構成部分がある、そしておのおのに多くの可動部分がある、それらは疑いなく誰の目も陶酔してボーッとさせるだろう。

その記事の後のほうに、議員が資産を提供しそして取得できるものを取るとほのめかす言語がある。しかし最低価格について述べることを除いている(入札の基本特徴)ということは誰も存在しないという事ではない。又はその代わりは、入札はほとんど確かに匿名であるから、銀行にビッドを提出させるためにである。それはフォークロジャーの入札で通常の手段である、銀行がモーゲージ価格に等しいビットを入れる時(よってフォクロジャーの買い手が銀行を買い取るか又は銀行がその物件を所有するはめになる。)

その資産がTARPからくることは構いなく、そして議会監督パネルのElizabeth Warrenは怠け者ではない。彼女がその政策がどのように行ったかれぽーとを要求した時何が起きる(たとえば、どれだけが失敗したかなぜならその最低価格が見合わなかったから?)その構造は公共に時間とともにより明らかになっていくそしてObamaチームに結局そのツケが回ってくるかもしれない。

広告