Fed救済プログラム:出口なし?

投稿者: whitegru3

WSJの記事”As It Starts Programs, Fed Weighs How to Stop Them,”『プログラムが始まり、Fedはそれらを止めることに重視する。』Fedがどうやってすべての続行されて発足する瀬戸際である”貸付の支援”構想をどうやって巻き戻すかについての厄介な問題を持ち出している。

全体的に、この記事は典型的なWSJの作より党路線に警戒しているが、いくつかの大変大きな問題を逃している、それは後で話すことにします。

WSJはこれを引き出していないが、この問題のFedの準備はTimothy Geitherの不安にまねたものである:Fedはプランを持つために計画をする:

Fed議長Ben Bernankeは金曜日にフィニックスで地方銀行員たちに言った。『私たちはクレジット市場に永久に滞在したくない事は大変承知している』『今はそれらを助ける必要があるがわれわれは撤退戦力を持っておきたいそしてそれらの市場を回復するようにし再び完全に民間セクターになる。

撤退戦略を持っておきたいと実際に撤退戦略を持つことは2つの違った状況である。

Fedの撤退の一部は設計によりほっておけば何とかなる。中銀の$1兆以上のローンは3ヶ月又はそれ以下である、流動性プログラムと他の中銀との通貨スワップなど。Fedは普通の時の市場では魅力的でない多くのプログラムのためにレートも設定した、そのプログラムが強制的に自分自身で巻き戻される。市場がプログラムから引き下がる時に、それがFedにバランス・シートを縮小させる合図となろう、現在のゼロに近い金利から引き上げに変わる前に。

これは全てすこし誤りを導きやすい、又はもっと正確に言うと、希望的。100%正確な部分は通貨スワップ・ラインはより使い道が薄れる、でももし東欧が危機に落ち込めばそれは逆転するかもしれない。その設備のいくつかは、Primary Dealer Credit Facilityのようなもの、長い期間をかけて利用できるサポートの大きな変形と見られてきた。

たとえ初期の緊急銀行バックストップを見ても、 Term Auction Facility、その月次2回の入札ごとの規模は$20Blnから$150Blnに増加した、まだ11月末に見られた水準よりそれほど低くくないビッドがあり、その時は危機の月と考えられていた(それでもそのときはFedはもっと入札をよく行っていた、4つのうち2つは大変低い受給だった)

そのプログラムがただ単に転げ落ちるという考えは、上品に言わせていただきますと、ちょっとナイーブ。たとえば、FDICは一時的のはずであったTemporary Liquidity Guarantee Programを延長した。これらのプログラムは銀行が自分たち自身を引き離せる準備ができるまで継続するだろう。

そしてそれは来るまでに相当時間がかかるかもしれない。その問題は福祉プログラムと似ている。助成金のどんな削減も阻害要因である。伝統的なのはフード・スタンプや住宅・バウチャーのような複利で特定の所得境目を越えると受取人に有効でなくなる。その正味の影響はたとえ受取人が失業手当避けたくても、所得範囲がある、かなり頻繁に無視できない、それにはもし複利を失う観点からその人が上限より少ない収益を稼ぐよりもっと暮らしが悪くなる。

その議論で、このプログラムは”普通の時は”魅了的でなくなるそれはレートがより高い時は誤っていると仮定する。もしFedが(歯ぎしりをして口惜しがったり憤慨を基に)銀行は状況が変化してもそのプログラムが必要であると信じたらそのレートと条件は調節される。もし私たちが運がよければ、うまいものが皮がはがれるかもしれない、しかし助成金が数年間で終了すると期待しない方が良い。そしてその記事で、そのクレジットに参加者は儲けを保持するために闘うと指摘する。

ポートフォリオのおのおのはそれ自身の支持者を持っている――市場内と全米を通しての政府――それがFedにすばやく手を引かないよう圧力をかけるかもしれない、又は絶対に。それらのプログラムのおのおので、Fedは政治的な権限により絡まるリスクに面する――金利を設定するその役目を損なうことになる。

それではWSJが逃した部分に行ってみよう。Fedがそれを自分で売却した時損失を出したらどうなる、又は償還まで持って不足額を被ったら?Fedが打撃を受けることは当たり前である。

最初にくずのクレジットに対しての貸付、そしてそれらからFedが支払不能のリスクは現実で、多くのその他の厄介な問題を持ち上げる。Willem Buiterが指摘する。

Federal Reserve Systemは誰にも所有されていない。Fedの営業利益のほとんどが米財務省に行く。12地区連銀はメンバー銀行に株式の持分を発行する。しかし、Reserve Bankの株式を所有することは民間企業の株式を所有することと随分異なる。株のある程度の所有権は、法律でそのシステムのメンバーシップの条件である。その株式は売却できない、取引できない又はローンのための証券として制約できない;配当は、法律で年固定6%(それは近頃市中銀行の株で取得できるより全然よく、事実リスク調整済み)

すべての実行可能で信用できる中銀の価格安定の指令の裏に立っている財政当局―いんふれ誘発なしの長期的十分資金のあるたった一つの経済事業体

Fedはたとえ民間の有価証券を直接購入しても財務省からの完全な損失に対する保障はない。そのレポオペレーションと担保貸付で推測されるように民間のクレジットリスクの損失に対する保障または保証はない。

TALFを通じて民間クレジットリスクの最高$1兆の可能性あるエクスポージャーに、たとえば財務省はわずか$100Blnだけ保証する。それらを10倍のレバレージと呼ぶ。私はFedは$900Blnの穴をあける可能性があると見る。コーマーシャル・ペーパー市場、Fannie とFreddieモーゲージ、AIGの救済とFedとFed, FDIC, 財務省合同によって取り付けられた多くの外見上の財政救済オペレーションで同じようなクレジットリスクのエクスポージャーがFedにある。

私はFedを活動的な(外見上の)財政プレイヤーとしての使用は非常に危険であると思うそして米国政府の民主主義体制の健全さの見方の観点から非常に好ましくない。

これには2つの理由がある。最初はFedの独立を損なうそしてそれを連邦予算外とオフ・バランス・シートに財務省の特別目的手段に乗せている。2つ目、公共資源―納税者の資金の使用のための米連邦政府の行政機関の説明責任を損なう。

Fedの独立の恐れに関しては(それの残りである何でも)最初にたとえ中銀が購入するその民間の証券に適切な価格をつけられても(それには、事前間接的外見上財政助成金ががかかわっていない)可能性として民間の有価証券がデフォルトしたら中銀は多額の資本損失を被り中銀は価格安定指令がリスクになるくらいの量の金を作成することなしで自分自身の支払い能力を保持する能力がなくなる。Fedの民間クレジットリスクのエクスポージャーの結果から生ずる損失に連邦政府がFedを完全に再資本化する前もっての堅い保証なしでは、Fedは財務省に資源の物乞いをしなければいけない。

広告