官民協力の賭博が始まった?

投稿者: whitegru3

CitigroupとBank of AmericaがTARP資金を使っているyぷに明らかに見受けられる、貸付ではなく、それはそのプログラムの主要な目的であったが、官民協力投資で賭博するためにセコンダリー市場の不良資産を拾い上げている。

そしてそれは納税者から2つ目の方法で金を巻き上げている:公共は両方の銀行に十分な金を費やしたよって経済的観点から、両社は国営化されるべきである。でも主としてイデオロギーとうわべだけを飾り立てる理由で(銀行の負債は米国政府が100%所有して統合される必要がある)民営のままでいる。よってこのプログラムと統合したすでに寛大な助成金とでさえ意図したよりはるかに多くを要求しているだけでなく、この取り組みもの納税者の金を投機に使っている。

このようなことはここでもそのほかの場所でも予測されていた。

NY Postから:

財務長官 Tim Geithnerが全米最大手の銀行の不良資産を取り除く事を助けるための計画を練り上げている中、Citigroup とBank of Americaは積極的にこれらの同じ証券をセコンダリー市場で拾い上げているとPostの情報源は言った。

しかしその銀行の購入のAAA格付けモーゲージバック証券、いくつかはAlt-AとオプションARMを担保した物が含まれている、は経験豊かなトレーダーのなかでさえ驚かせている。Alt-AとオプションARMローンはデフォルトが増加するだろう広く見られている次のモーゲージの種類である。

一人のWall StreetトレーダーはNY Postに、その購入で何が一番わけがわからないかは両方の銀行がどれだけ積極的にそれらを購入しているかである、時には競争相手の入札者が払いたい価格より高い値段を払っている。

最近は、AAA格付けの証券は$1に対して30㌣で取引されている、そしてほとんどの買い手はヘッジファンドで日和見的に価格がそのうちに上昇するだろう賭かけている。しかし情報源によるとCitiとBofAはそれあのビットを吊り上げた。

セコンダリー市場はモーゲージ市場では主要な代理となる、そしてモーゲージ・オリジネーターが差遣に転換された大量のモーゲージを売り払うことができるプット・フォームの役割をする。

そのような証券の利回りは最高22%にもいくと一人のトレーダーは言った。

BofAは、セコンダリー・モーゲージペーパーの購入は停滞している証券化市場に活気付ける計画の一部であると言った。

何人かの観測筋によるとその買いは凍結した市場を復活させる助けになる同意し、その他は銀行は納税者の金を貸付の変わりに賭け事に使っていると議論する。

その上に、MBS市場は経済危機の間非常に値荒く、市場の底はすでに達したと賭けた多くの投資家は状況が継続して下降しおおやられをした。

昨年同時期にCitiとBofAが現在飛びついている同じいくつかの不良モーゲージペーパーは$1に対して50㌣で取引されていて、現時の水準に急落するだけとなった。

一つの情報源によると、銀行の購入はこれらの問題のある証券の価格をほっておくよりは高い値段に保持する助けになったと言った。

両方の銀行はモーゲージ・フォークロジャーを止めるために多くの手段を立ち上げた、そして数ヶ月前に政府にクレジットのフローを拡大するためにセコンダリー市場に投資する彼らの意向の概説を出した。

広告