より少ない企業がChapter 11から浮上してくるだろう

投稿者: whitegru3

このたびの不景気はより多くの破たんした企業がChapter 11のおかげで継続して運営するより清算する羽目になっている。Chapter 11は企業に債権者を釘付けにしてをくことを許す、借金を再交渉し経営を再構成、持続している不安が金融会社にとってより良い回復率、と雇用を救うことと同時に、を提供するという考えと一緒に。

しかし今回は、Chapter 11は問題のある多くの企業にとって生き残りの解決策ではないかもしれない。最初に、最後の一連のプライベート・エクイティー契約で、企業はレバレージが高くかかっていただけでなく、借金はよく”cov lite”であった。普通は、リスクの高い借り入れでは、銀行は借用者にある水準の業績をを保つよう要請する、最低純資産を保持又は収益が複数の支払い利子を越えることなど。もし企業がこれらの制限を違反すると、金融会社は借金弁済期日を繰り上げることができる、すぐに払い戻しを請求すると言う意味である。もちろん企業はその金を支払うことができない、よって債権者はもし企業が適切な改善措置を用意しないとChapter 11申請を強制することができる。

言い換えると、特約は、会社の状況が悪化し始めているがまだ絶望的に達していない時に金融会社に仲介に入る事を許可する。より弱い特約とは、多くの会社が破たんに入った時により悪い状態であるという意味である。

追加で、会社がChapter 11の過程にいる時、それは何ヶ月もかかる可能性がある、会社はそれでも続けて請求書を支払う必要がある(従業員、必需品、税金、とそれらの厄介な弁護士)再建企業向け融資はChapter 11の会社に運営ができるように必要な資金を借りることができるよう許可する。

不十分な再建企業向け融資少なからぬコラテラル・ダメージ(巻き添え被害』を生み出す可能性があ、それは清算によりかなり多くの雇用の喪失を生み出すから。これまでで財務省とFedはその疑わしい高くつく不良資産助成金プログラムを優先しこの差し迫った必要を無視した。

ロイターから:

裁判所リストラを運良く生き延びた破たんした米国企業は景気の低迷によって引き起こされたもう一つの障害にぶち当たっている―全て水に流すために必要な金を探すこと。。。しかし今日の弱い市場は今では選択ではない。そして破たんを支払う再建企業向け融資のような市場の見通しはそれほど良くないと銀行員と弁護士は言う。

“Exit financingは正直言って今は大変厳しい賭博である』NYのMayer BrownパートナーBrian Trustは言った。

『私はexit finance市場がこじ開けられるといっているのではない。私は、それらが現在の再建企業向け融資に見られているクレジットの縮小と引き締めと同じ問題、心配、の対象になると思う―それでも私たちは一般のクレジット市場に隙間が見えてきているけど。

多くの会社は継続した弱いクレジット市場に準備をして、借金の再交渉と負債―資産スワップ、会社に借金の変わりにより多くの資産を入れる増資の計画をしている。多くは更にあらかじめ仕組まれた破たんパッケージをもっとよくしている、それは借金を低く保ちexit financingに必要な金額を減らす。

破たん融資の問題は、昨年クレジット市場が厳しくなった時、破たん会社へローン―一度は金融会社によってほしがられた再建企業向け融資なぜなら一番最初に支払われる――干上がった。

『行き詰まった会社へ新しいローンに関しての現在の流動性は大変低い。私が今まで見た中で一番低い、それが人々たちをどうやって再建企業向け融資とexit financingを構成するかに関して創造的にしている。』NYのStroock & Stroock & Lavan LLP全米金融りすとらグループ共同議長Kris Hansenは言った。

いくつかの会社はexit financingの小額を見つけることができた。米レストランチェーンのBuffets Holdings Incは例で、今月の初旬に$120Mlnのexit loanを準備した。

『シンディケートローン市場の現在の妨害により、ほとんどの会社はexit financingを調達するのがより難しくその代わりに既存の借金を元に戻す試みをするかもしれない又は、もし有形資産の担保があるなら、アセット・バック融資に変えている』Goldman SachsのAmericas Restructuring 共同経営者Bruce Mendelsohnは言った。

『しかし伝統的なシンディケート化されたタームローンをすることは大変難しくなっていくそして大変高くつく』

いくつかの会社はexit finance市場を試しよりよい選択は待つことと決意した。Frontier Airlines Holdings Incは来週有効期限が切れる物を借り換えし今月に$40Mlnの再建企業向け融資を設定した。

Davis Polk & WardwellのリストラグループでFrontierの主任弁護士Marshall Huebnerは、会社は金融会社と合い破たん融資の延長と延長することを決める前にexit financingの両方を話し合った。

広告