モーゲージ修正失敗率上昇中

投稿者: whitegru3

Blommbergの記事に政府が突き出したモーゲージ修正はけいざいが腐食し高い失敗率を生み出しているというあまり励みにならないニュースが書いてあった。

第3四半期目のモーゲージ修正はその第1四半期目に修正されたものより失敗するペースが速まっていた、そしてリスクの一番低いローンの不履行率は2倍となった、クレジット品質のの悪化の兆候であると米監督機関は言った。

最初の四半期のローン修正は借用者を8ヵ月後に住宅ローン滞納から守るために対能率は41に下がった、第2四半期目にはデフォルトレートは46%、第3四半期目の傾向はますます悪化していると通貨監督庁と貯蓄監督庁は言った。

『今年と今四半期には、前回見たのと同じ傾向を又見ている。かなり高い再―デフォルトレート、それらをどのように測定しても』通貨監督庁のJohn Duganは電話記者会見でレポーターに答えた。

Citigroup Incローンサービス企業を含む金融機関はモーゲージの金利を下げること、又はより長期にわたる支払い計画で調整している。Obama政権は多くて900万人もの苦しんでいる住宅保有者を助けるために納税者の資金を使い債券投資家のような金融機関に資金を融資している。

Duganは、再―デフォルトレートの上昇はストレスの多い経済環境と新しいローン計画がモーゲージを維持するために十分な削減になっていないことに関係していると言った。

提供されているモーゲージ修正のどんな種類があるか注目する事が重要である:金利削減と償還延長。これらは十分なモーゲージ修正ではない。言い換えれば、

元金を削減するモーゲージ修正の方がもっと成功率が高い。不良企業の投資家で知名度が高いWilbur Rossも慈善深くない。

HousingWire.com

Rossはモーゲージサービス業にはたくさんのスキンがある、彼はテキサス州、IrvingのAmerican Home Mortgage Servicing, Incを所有し、そこは最近にCitigroupからポートフォリオを買収することで全米で最大の第三者サービサーとなった。

先週、RossはHousingWireとのインタビュウーで、彼はモーゲージ貸付業者、サービサー、住宅保有者がモーゲージ修正に一緒に働く最高の方法はこれまで提案されたものよりほど遠い物が必要であると言った。特に、彼は、必要なのはもっとも必要がある借用者のために積極的な元金の修正であると信じている。彼は、彼の American Home servicing会社が6ヶ月再犯率20%以下で―これは業界基準の50~60%と比べられる―それはそのサービサーが積極的に元金の削減に目を向けているからである。

『住宅の価格はきれいにされる必要がある。Obama政権は水面下の住宅を正しいサイズにし住宅の現在の市場価格にあわせるために元金を削減することができる。もし彼らがそれに取り組むのであれば、彼らは厳格な方法でやらなければいけない。』とRossは話した。『それから彼らは水面下いる全ての借用者を考慮する必要がある、ただ単にデフォルトしたものだけではなく。』

“Homeowner Affordability and Stability Plan”はそのいくつかをするが、さほど先へは進まない。『ローンの元金の金額を削減をしなければいけない、不良ローンだけでなく、優良債券もである』とCNBCに答えた。『幾人かの貧しい市民がモーゲージに行き詰って支払いに困っているのになぜ一人がプラスになる支払いをしないのか?

彼自身のの計画はこのようである:

1. 金融業者が元金の評価損を出す、そしてサービサーも同じように新規削減されたUPBの一連のサービスに損をだす。

2. 元金の削減後、政府がそこで金融業者が保有する残りの元金の半分を保証する。

3. この元金半分の保証はそこで証券市場に売却され、それが金融業者に住宅の所得の流れを与え、元金の評価損を計上するときに所有者のローンの損失のいくらかを相殺する。

4. その住宅が売却される時、もし住宅価格が売却の時点で上昇していたら、住宅保有者と金融業者が儲かった収益を分け合う。

Rossはホーム・エクイティー・シェアリング計画を提案した最初の人ではない、そして明らかにこれにはこのような計画がまとめれるか高度に複雑である、特にそれが第2番目の抵当保有者とジュニア債券階級が関連してるため。しかしサービシングに強い大手投資家が提案している事実はもっと早く注目されるべき点であったと言っている。

続く。。。

広告