クライスラーのディーラーは閉鎖に対して反対を主張する

投稿者: whitegru3

Cerberusが取得先の一つにした経験のことを思い出すと、これも特に驚いたことではない。しかしクライスラーがディラーシップをキャンセルする直前に余分な在庫の積み上げと工場、設備の余分な投資を奨励したことは極悪な動作であった。それに加えクライスラーはディラーシップとの関係を6月9日までの時点で全て関係を抹殺すると言ったように許せるわけがない。その反面、GMはかなり人間味がある。GMのディーラーシップは2010年までの運営を許可し、もし好むようであれば早期閉鎖も可能。

いくつかのクライスラーのディラーがその自動車製造業社に対してディラーシップの解約を妨害する訴訟を起こしている。NY Timesから

Robert Archerさんは330のクライスラーによって影響を受けたディラーの委員会のうちの一人で来週と6月3日にクライスラーが破たんを決議した行動に異議を訴えている。

『私はこの長い間に彼らが私たちに望んできたことに賛成し、付いて行ってだまされたことに自分が悔しい』とユタ州で1969年からクライスラーのディーラーをしているHomer Cutrubusさんは言った。『もしクライスラーがしたことと同じようなことを私が自分の顧客していたら、私の商売は今では何もないだろう。 』

長年、クライスラーはCutrubusさんにクライスラーの3つのブランド、Chrysler, Dodge, Jeepのブランドを一つのディラーシップにまとめて全部を販売できる”Alphaストア”を設立するよう奨励してきていた。2月には更に圧力をかけ、そして4月に終にCutrubusさんのユタ州LaytonにあるDodge店を800メートル近くにあるChrysler-Jeep店に移すことに承諾した。それでもCutrubusさんは金銭的にこの作業は何のメリットがあるとは思えず、それに自己負担でこれをしなければいけなかった。

破たん裁判所に申請された証拠のE-Mailにはデンバーにあるクライスラーの高官からでCutrubusさんに、彼のディラーを4地区のディラーシップの中で生き残りの選択に選ぶことになりそうだ。『あなたはわれわれのグループ?』と言ったように残されていたのだが

『私は翌日クライスラーに電話をした。そして’契約は承諾した’と言われた』そして6週間後にCutrubusさんがすでに$10万を使って店舗の移動をした後に、手紙で彼の全てのディラーシップを取りけされた。

クライスラーはディラーが必要でもなかった自動車、部品などの在庫奨励しそれを買い戻すことはしない。そしてそれを全て6月9日までに償却(清算)しなければいけない、これは公平どころかほど遠いい鼓動であると彼は強く主張する。

広告