今回の危機は膨張させることで逃げ出すことはできない

投稿者: whitegru3

Finanacial Timesから:(Wolfgang Munchau)

最近銀行員とエコノミストたちから益々聞かれるようになってきたのが、われわれの金融危機から逃れられる唯一の方法はインフレを通じてである.。。

そこでこの考案に対してすぐに思いつく4つの疑問がある。それができる?それをほどける?それを妥当な経済コストですることができるか?最後にそれをするべきであるか?

もちろん、それはできる。しかしインフレを引き上げるためのその制約が信頼できるものであればである。インフレは中銀がつけたり消したりできる電球ではない。それは期待感から生まれる。もしFedが長期インフレ・ターゲットを、そうですね6%に強制的に押し付けるとすると、そのターゲットは最終的には達成できるでしょう。人々と市場は最初の時点で新たなターゲットは信頼できるものと見ないでしょうが、もし中銀が一貫すれば、期待感は最終的には適応されるでしょう。その最後の段階では、労働者は毎年少なくとも6%の賃金上昇を要求することでしょうそして企業はその金額分だけを引き上げることを目指すことになるでしょう。

もし、それでも、中銀が2010年と2011年のインフレを6%のターゲットにすることを予測し、その後は2%にしたとすると、その計画は成功しない。マネタリー政策はインフレに長く変わりやすい遅れを伴って影響することはみんな知っている。そのような微調整の程度では実行をあげることができない。私自身の推測では、そのような政策の変更においてはインフレを高めるためにもっと長い誓約をしなければ信頼ができない。現在のレートと新しいレートの差が大きければ大きいほどその制約は長くなることだろうを私は予測する。

それを一度達成できたらひっくり返すことができるか?答えは”YES” である。それでその誓約は信頼できるものでなければいけない…どんな新しい信頼性も新しい政策措置から生み出さなければいけない。これは名目の金利を不都合にも6%以上に長い間保たなければいけない。

その時に何が起きるのだろうか?2つのシナリオが考えられる。ベストの結果はただ単に二番底のリッセションである。2年間の穏やかに高いインフレは負債の実質価値を10%削減するかもしれない。しかしこれには悪い面もある。それからの恩恵はローンを支払う高金利に、高まる滞納率と不良債権の増加により削減され、又は除外される。この要因の釣り合いがプラスになると思われることは難しい。

とりあえず、これが一番の可能性のあるシナリオではないインフレを引き上げる政策は、もし成功すれば、債券市場に深刻な問題を引き起こす。インフレは富を債権者から負債者へ移行する。基本的に中国から米国にである。米国のインフレ上昇がグローバル投資家に米債券市場から引き上げることは導くことは確かである。これがドルの実質有効為替レートのCashの引き金を引くことは確実であり、それが更にインフレの圧力を加えることになるだろう。

そのシナリオ下では、インフレを仮定上の6%ターゲット近くに保持することは簡単でないかもしれない。その結果は、インフレレートを行き過ぎることが債券市場に圧力をかけ悪循環となる。その結果は前の例より悪くなる。中銀は最終的に安定させるために名目の金利を積極的に引き上げていかなければいけない。それは高インフレ政策の支持者が望んでいたのとは逆の結末になってしまう。実質の金利はかなりマイナスにはならないだろうが極めてプラスになる。

これはなされるべきであるか?信頼できるインフレ・ターゲットの2~3%を信頼できる長い間保つことは役に立つ。しかし6%のインフレ・ターゲットが同時に信頼でき維持できるかは疑問である。うまい話のようでもしどこか他の国で再現され世界中の多くの国により注目されなければそれは近隣窮乏化政策である。それは全く新たらしい敗北者を生み出す、米国内と外で、それとその全ての好ましくない政治、社会、経済と金融の意味で。それは更にすでに避けれない法定不換紙幣の滅亡のすでに広がっている議論に拍車をかける。

インフレを刺激することはもう一つの汚い一時しのぎの戦略、現在かなり多くの銀行救済パッケージが運営されているように。Hemingwayは言った。当面は気分を良くするだろうが問題は解決されず新たなものを生み出す。

広告