驚くべきであろうか!FedはBear StearnsとAIG SPVの物件で損失を計上

投稿者: whitegru3

Financial TimesのWillem Buiterのコメント:

Federal Reserve System(Fed)の月次Liquidity Programs(資金流動性プログラム) and the Balance Sheetが発表された。ここでは私は3つのFedがBear Stearns(Maiden Lane I)とAIG(Maiden Lane II&III)から取得した不良資産を運用するために作成されたMaiden Laneの物件に注目することにしよう。

どんな評価の尺度でも、Fedはこの3つのSPVの全ての物件で大きな穴を開けている。Fed自身の推測で、おのおの物件の純ポートフォリオ資産のフェアーバリューはそれらのおのおのの物件に与えられたローンの残高(経過利子も含む)に足りなくMaiden Lane いが$3.77Bln,Maiden Lane IIが$1.97Bln,Maiden Lane IIIが$2.82Bln足りない。これは本当の損失を過小評価している。それはなぜかと言うとMaiden Laneの物件の申請されている資産のフェアー・バリューが償還まで持った純のキャッシュ・フローの現在価値を過剰評価しているためである。ほとんどの資産は流動性がない、特にAIGがらみのSPVのMaiden Lane IIとIIIの分は。

私の以前のコメントで『Bear Sterans関連の資産はくずの可能性が高い。Maden Lane IIとIIIの分は私はあまりよく知らない』と書いた。今月のFederal Reserve System(Fed)の月次Liquidity Programs(資金流動性プログラム) and the Balance Sheetのおかげで、今では私はBearn Stearnsの遺産の資産のひどい度合いを誇張しすぎていたかもしれない。AIGの遺産についても確かに誇張していた。

Maiden Lane I

maiden-lane-1

Maiden Lane II

maiden-lane-

Maiden Lane III

maiden-lane-iii1

Maiden Lane Iのホtんどの資産は連邦政府又は連邦政府エイジェンシーによって保証又は発行されているものである。しかしAIGはFedに59.5%はサブプライムによって裏づけされているRMBSのポートフォリオを押し付けた。そしてほとんどの残りが、全体の26.9%がAlt-Aモーゲージ関連である。私は心から私の年金はこれより良い投資をしていることを願います。

Maiden Lane IIIについては71.7%のポートフォリオがBB+又はそれ以下―通常言われるジャンク債である。それは驚くことではない。ポートフォリオの70.8%ががハイグレードのABS CDOであることから。ハイグレードSBS CDOは気のいい校庭のガキ大将みたいなもので、それは存在するがとてもまれである。これから先のかなりの評価損計上が予測できる、そしてこレら全体のポートフォリオを帳消しにし、Fedによって発表された$8.56Blnの不足はほんの氷山の一角である。

A walk down Maiden Lane

広告