株のトレーダーはスピードで収益をあげる、それも1000分の1秒内で

投稿者: whitegru3

NY Timesの記事から:

Wall Streetで今では新しいトレンドとなって、一握りのトレーダーが株式市場を征服する手段として、投資家のオーダーを先に覗き込み、評論家に言わせると、時にはそれは株価を誘導しているとも言う。

それは”High-Frequency Trading”(高周波トレーディング)―それが突然今では相場で一番騒がれている話題で、市場でのなぞめいた力である。

強力なコンピューター、いくつかはNY株取引所のような市場を動かす機会の隣に設置された自社製の物で、何百万もの高周波とレーダーのオーダーを超高速で発注することができ、他の者から何億をも奪いと取る。

これらのシステムは非常に早く、他の投資家、人間、コンピューターを出し抜き、追い越す。そして何年も陰に隠れて成長して来た後に、いまでは騒がれている。

ほとんどWall Streetの誰もがヘッジファンドや大手銀行Goldman Sachsがどうやって、金融システムが崩壊寸前になった後にそんなに早く多額の収益を上げることができたのだろうか不思議に思っている。”High-Frequency Trading”(高周波トレーディング)が一つの答えである。

そして今月に元Goldmanのプログラマーが秘密のコンピューターコードを盗んだ疑いでをかけられた時―連邦検事はそのソフトウェアが相場を不公平に誘導できると言っていた。―それはただ謎を深めるだけであった。Goldmanは高周波トレーディングから収益を上げていることを認めている、しかしそれが不正な得点があることに異議を見せている。

それでもハイ・フリークエンシーの専門家は明らかに一般のトレーダー、言うまでもなく普通の投資家よりも有利である。SECはそのストラテジーのある面において調査をしているという。

『これがほとんどの金が儲けられている所である。』と元NYSEの会長兼最高経営責任者William H. Donaldson氏は言い、今日では大手ヘッジファンドの顧問として働いている。『もし個人投資家がこれについていける方法がないと、大きな不利となる』

Wall Streetの歴史のほとんどで、株式取引は公平に単刀直入であった:買い手と売り手が取引所のフロアに集まり、取引が成立するまで交渉する。それから1998年にSECがNYSEのような市場で電子トレードの競争を認可した。その意向は新たな考えを持つ、デスクトップのPCを持つ誰もに市場を公開すると言うことであった。

しかし新しい市場が姿を現し、PCはWall Streetのコンピューターと太刀打ちすることができなくなってきている。強力なアルゴリズム―“algos”(アルゴ)業界の専門用語―1秒に何百ものオーダーを執行し、同時に民間、公共市場をスキャンする。それらは他の投資家が瞬きする瞬間にトレンドを見抜き、オーダーとストラテジーを1000分の1秒内で入れ替えることができる。

ハイ・フリークエンシー・トレーダーは通常オーダーの発注とキャンセルをほとんど同時にし他の投資家を混乱させる。市場の規制の抜け穴でハイ・フリークエンシー・トレーダーに他がどのようなトレードをしているかを早期にちらっと見ることができる。そして彼らの早いコンピューターが基本的に遅い投資家の収益を奪い取ることができる。-そして誰もが気がつく前に姿を消す。

ハイ・フリークエンシー・トレーダーは異なった取引所の中でも競争でメリットがある、それは取引所が最大手、そして活発なトレーダーから小額の手数料を収集する事にもある。-一般的に最初にオーダーを入れたものに対して1株につき1/4㌣となっている。それらの何百万株に対する小額の手数料が、ハイ・スピードのトレーダーのトレーダーの助けとなり、ただ単に巨額の取り引きをすることで収益となる、それがたとえ取り引き上で若干の損失となるとしても。

『技術の武器の競争になっている、そして勝ち組と負け組みを分けるものはどれだけ早く動けるかである。』とNYSE EuronextのJoseph M. Mecane氏は言う。『相場は流動性が必要である。そしてハイ・フリークエンシー・トレーダーがとの投資家が売り買いできる機会を与える。』

ハイ・フリークエンシー・トレーディングの増加がなぜ全米の株式取引所の活動が急増化したか説明がつく。NYSEのデータによると平均の1日の出来高が2005年から164%増加した。正確な数字は見つけにくいが株式取引所曰く、現在ではハイ・フリークエンシー・トレーダーの取引高は全体の半分を占めるとも言われている。ハイ・スピードの世界を理解するには、今月の初旬に遅い足のトレーダーがハイ・フリークエンと・ロボットに立ち向かい、その結果高速コンピューターに略奪されたことを考えたらいい。

7月15日だった。インテルが相場引け後に好決算を発表した。何人かの投資家はチャンス到来をにらみ、半導体の会社Broadcomの株式購入を企てる。足の遅い投資家は板ばさみとなる:一度に大量の株の買いのオーダーを入れるとBroadcomの株価を急上昇させる、よってWall Streetのケースで通常は小さなオーダーを数十回に分け、形跡が残らないようにと望む。相場が寄付き後1秒でBroadcomの株価は$26.20で取引された。

足の遅いトレーダーは買いオーダーを発注し始める。しかし売り手にすべてのオーダーを同時に見せるより、それらのオーダーをいくつかはハイ・フリークエンシー・トレーダーにわずか30ミリ秒(0.03秒)で送られた可能性がある。これはフラッシュ・オーダーとしても知られている。市場ではすべての人に同時にオーダーを見せるために透明性を公平に確保するようになっているが、規制の抜け穴であるトレーダーには手数料と引き換えにNasdaqのような市場では許している。

1秒の半分で、ハイ・フリークエンシー・トレーダーは貴重な情報を取得した:Brodcomの買い意欲は膨らみ、コンピューターがBroadcomの株式を買い始める、それからそれの購入した株式を足の遅い投資家に今度は高い価格で売却した。全体のBroadcom株価は上昇し始めた。

すぐに、ハイ・フリークエンシー・トレーダーのソフト・ウェアがフル回転となり何千ものオーダーが流れ込んできた。自動プログラムがオーダーを発注し始め、足の遅い投資家がどれだけ買い価格を引き上げてくるか確定することでミリセカンド内の小さいオーダーがキャンセルする。ハイ・フリークエント・コンピューターは価格の上限は$26.40ですばやく見抜き、価格は$26.39の急上昇、ハイ・フリークエント・プラグラムは今度は何千何百の株式の売りオーダーを発注し始める。

この結果、足の遅い投資家はおよそ5万6千株を$1.4Mln支払い、言い換えるとハイ・フリークエンシー・トレーダーのようにすばやく動ければ$7,800安く買えていた。

このような何千もの株式の取引が毎日取り扱われ、その収益はかなりのものである。ハイ・フリークエンシー・トレーダーは昨年$21Blnの収益を上げたとリサーチ会社Tabb Groupは言う。

『新しいアイデアを促進したい、そして技術に投資した企業と市場をより効果的にする考えに報酬をしてあげたい。』とT. Rowe Priceの株式取り引き部長Andrew M. Brooksは言っている。『しかしわれわれは2層構造の相場に向かっている。それはハイ・フリークエンシー・アービトラージとその他ほかの全部である。人々は合法的に公平な取引が成り立っているのか知りたい。それでなければ、相場は誠実さを失う。』

下の図が例であるが、30ミリセカンドの有利な点:

0724-biz-web2TRADING

広告