失業が、バブルの巻き戻しではなく、フォークロジャー活動を支配し始めてきている

投稿者: whitegru3

住宅市場の全面で新たな動力が現れてきている。これまでは、フォークロジャーは住宅バブルの加熱度が高かった地域に強い関連性を持っていた。カリフォルニア州、フロリダ州、アリゾナ州での価格下落が特にきつかった。しかし今ではそれらの相場はかなりの調整がされ、フォクロジャー活動は失業者の増加と関係を見せ始めてきている。

ロイターから:

今年上半期は米サンベルト地帯、カリフォルニア、フロリダ、ネバダが記録的なフォークロジャー活動を支配してきたが、失業者が増加し他の地域のでの苦痛が現れてきているとRealtyTracが木曜日に発表した。

住宅が建築されすぎた地域、投機筋によって購入された地域、リスクの高いローン物件に依存度の高い地域でのモーゲージの不履行の速度が速い。

しかしモーゲージ支払いの苦しみが手ぬるい貸付基準から失業に変わりつつある。

ほとんどのフォクロジャー活動のひどかった地域のいくつかの地域が価格値下げと初めての住宅購入者に対しての税金控除から回復を見せ始めている。

今年上半期で平均を上回るフォークロジャー活動の20%以上の地域はオレゴン、アイダホ、ユタ、アーカンサス、イリノイ、サウス・キャロライナ州であった。その変換はサブプライムと変動率ローンからの崩壊より失業率の上昇に目が向けられている。

全体のフォークロジャーの活動が継続して増加している中、過去数年でフォクロジャーの飽和状態が一番が高いいくつかの市場での下落が見られてきている、その反面、新しい市場のProvoユタ州, Boise,アイダホ州では急増加している。

『失業率がが上昇し人々の財政状況が変わった人々が私たちに助けを求めてきている。』とConsumer Credit Counseling Service of Greater Atlantaの社長Suzanne Boas女史は言った。

『私たちのサービスは専門知識、特殊技術を持った人々からの助けが増えてきている。』『それらの人々は彼らの生涯で安定した所得を保持してきた。しかし今では財政上で問題がでてきてフォークロジャーを避けるためにカウンセリングの助けに手を伸ばしてきている。

広告