バルチック海運指数(不定期船運賃指数)はは1週間で17%下落し10月以来の大幅の下げ

投稿者: whitegru3

Bloombergから:

バルチック海運指数(不定期船運賃指数)、商品の船舶コストを測定する、が10月以来の最悪の週の下落であった。中国での石炭、鉄鋼の船積み重要が軟化してきている。

国際貿易ルートの運送コストを追跡記録をするこのインデックスは今日135ポイント下落(4.6%)し2,772ポイントとなった。とロンドン海運取引所の記録で発表された。これから今週の下落は17%となり、10月末以来の最大の下落となった。

『中国が後退し、その数字が今月に現れ始めてきている』アフリカで最大の商品船会社Island View Shipping SAの高官Gavin Durrell氏は言った。『鉄鋼と石炭が軟調になってきているようである。』

今年の上半期には中国の記録敵的な石炭と鉄鋼の輸入がこのインデックスを5倍近く引き上げ、それから2008年の記録的な92%の下落をいくらか戻した。その需要は中国政府が4兆元($586Bln)の刺激パッケージの発表した後に伸びた。

中国鉄鋼メイカーが1年間の鉄鋼価格を生産業者のRio Tinto Group, BHP Billiton Ltd. , Vale SA, Durrellなどと交渉している間に料金は下落している。そして生産業者は『承諾するまでは中国は戻ってはこないだろう』と言った。

その下落が原材料への需要の低下に影響し、金属・商品・エネルギー価格を押し下げるだろうとフランクフルトのCommerzbank AG商品アナリストEugen Weinberg氏は言った。

広告