消費者は経済回復の心配から倹約になっている

投稿者: whitegru3

Wall Street Journalから:

大手小売業者の発表によると米国消費者は継続してすっかりしゃがみこんでしまっている米国経済の回復の耐久力に疑問を抱き、世界経済の健全さを建て直すために海外需要の重要さを強調している。

リーテーラー全体を通じて不吉なレポートが発表されている。ディスカウントの大手Target Corpは8月1日に閉じた四半期で少なくとも1年以上開いている店舗の売り上げが前年に比べて6.2%減少していた。それに高級専門店のSaks Incでも消費者は生活必需品の購入に止まり既存店 売上高が前四半期比で15.5%下落。建築材チェーン・ストアのHome Depot Incも8月2日締めの四半期は9.1%減少し、今年全体売上高9%の下落を再確認した。

ロス・アンジェルスのTargetのレジでは$100紙幣の真偽をチェックしている。いくつかの小売業者は来年の春まで状況は改善しないだろうと見ている。

米国消費者は世界大恐慌以来の最悪のリセッションに揺さぶられているように見受けられる。そして失業、低迷する賃金とけちな金融業者により更に苦しんでいる。そして消費者は必需品を除いてすべてのものの消費を抑制している。エコノミストたちは米国一般世帯の貯蓄率の上昇は長く続く節約の始まりであると見ている。

ほとんどのエコノミストたちは今年の下半期に経済成長は穏やかなペースに戻ると予測している。米国ビジネスは激減した在庫を建て直し住宅市場は安定する。下半期に回復を見ているエコノミストたちはグローバル製造業の回復を指摘し、直近のレポートでのフランス、ドイツ、日本が第2四半期に拡張することができている。商務省は今月の初めに米国輸出高は6月に前月から1.9%の上昇を見せ、その前の月には1.6%の上昇を見せている。

しかし、米国消費者は対抗した勢力となっている。今月のエコノミストたちの統計で、WSJは回答者に、継続する経済成長にはかなりに消費者の支出が必要であるか?という質問において43人(60%)がYESと答えていた。

今週初めに、Federal Reserveが7月銀行・サーベイで、引き続き貸付基準を引き締めて、消費者内での借り入れの意欲を取り去っている。およそ1/3の銀行が、4月からクレジット・カードと他の消費者ローンの貸付基準を引き締めていた。基準を緩和していた銀行は一つもなかった。

広告