NY Times Lehman死後:否定の力

投稿者: whitegru3

NY Timesから:

Ken LintonさんはLehmanの崩壊の日記念日が近づき何も考えていないー又はその中に入る自分の役目も。

Lehmanモーゲージ・デスクのシニア・トレーダーでLinton氏は後に切り刻んでまとめて証券化するモーゲージを評価する。

Lehmanがモーゲージの発行ビジネス止めたとき、Lintonさんは仕事を失った。金持ちで独身、それ以来、彼は夢のようなレジャー生活をエンジョイしている。37フィートのボートのセーリング、トロンボーンの演奏、一度は1週間をつかってロシアの戦闘機の操縦を勉強しNew Mexico州のほうまで羽を伸ばしていた。それに料理学校にも参加することを考えている。

Lehmanが彼を2008年初期に彼を解雇したが、退社はLinton氏にとって恩恵を受けることになった。首になった会社の株なんかとまだ持っているLehmanの株式をまだバリューがあるときに売り出した。それが株価が急落した分助かり、それと同時にマンハッタンのアパートといくかの不動産物件をうまい時期に売却した。これで職がなくてもお金の心配がいらなくなった。

『いくつかのおもちゃを持っていて幸運です。』『それらがすべて払い戻された、いい状況に今入る。』

彼は、Lehmanでの仕事又は経済影響には不安はないと言っている。『私と同じようなシニア管理者で違った見方をしていた人は自分たちでどこかほかにすばやく動いた。』『波風立てるために給料をもらっているんじゃない』

Jeff SchaeferさんはLehmanの最高取締役(MDとしてモーゲージ・オリジネーションの管理をしていたが今ではモービルのガソリンスタンドとカーウォッシュを経営している。2年前にはSchaefer氏はAurora Loan Serviceの監督し(コロラド州、Lehmanのモーゲージオリジネーションの会社)、400の社員を率いて、通常はリスクの高いモーゲージを会社の技術者と営業員に分配していた。彼はLinton氏とモーゲージの価格決めとクレジット評価で1日に3~4回会話をしていた。そしてよく言われていたのが『顧客に書類が必要であるか、それとも書類なしかを決めることを手助けしなさい。』

多くの人がLehmanのような会社を非難している。しかし、Lehmanがしたことは投資家要求する商品をを作成しただけである。』

『どうして私たちの責任を押し付けられるのだろうか?発行の観点から私たちがしたことは投資家の需要に基づいただけである。』『それではこの$100Mlnローン書類なしで引く受けますなんか言うわけないですよね。』

広告