貸付が急落

投稿者: whitegru3

US credit shrinks at Great Depression rate prompting fears of double-dip recession

Telegraphから:

International Monetary Researchの教授Tim Congdon氏は、米国銀行ローンは8月までの3ヶ月で年率およそ14%減少している。($7,147Blnから$6,886Bln)

『1930年以来こんなことは米国市場ではなかった。』『マネーバランスの急な破壊は気違いじみている。』

M3、広範囲のマネーサプライ、は1年それ以上の経済の警告初期シグナルで、年率5%下落している。

Gluskin SheffのチーフストラテジストDavid Rosenbergが8月24日までの銀行クレジットがなんと年率9%も縮小して、M2が12.2%、M1が6.5%縮小していると同じような心配をしている。

Congdon氏は、クレジットの縮小の理由は銀行に資本レシオを引き上げることが一般で、よく言われているように、好景気によく奨励され、下降期には状況を悪化させる。

『現在で銀行をより低いレバレージで安全に保っておくにはマネーバランス破壊の際の準備を保っておくことである。』『全世界のデフレ圧力を強め、2010年に2番底リセッションを迎えるリスクを増やすことになる。』

1930年初期の財務長官Andrew Mellonの負債取り除き政策『銀行にリスクを取り除き、レバレージを取り除くことを圧力をかけることは近代バージョンLiquidationism:危険は同じようにある。

米国銀行は1ヶ月1%の割合で貸付を削減している。欧州ゾーンでも同じような現象が起きている。欧州でもここ1年間民間のクレジットが収縮し、M3は伸び悩み。

広告