米国の失業は今では失業保険より長続きしている

投稿者: whitegru3

Bloombergから:

今までで初めて、解雇された労働者が新たな仕事を探すの費やす時間が通例の失業保険が継続する期間を上回っている。

下のチャートから見てもわかるように平均失業期間は今では26.2週間である、これは州が失業者に提供する失業保険26週間を上回っている。これは労働省が1948年に記録し始めて初めての出来事となった。

U.S Unemployment Now Lasts Longer Than Benefits

失業率は9月に9.8%へ上昇した。非農業部門の雇用者数は26万3千人の減少となった。と労働省から発表があった。

議会はすでに失業保険の延長を2度している。最初は2008年の7月と2月に通過した刺激策の一部であった。現在、失業者は合計46週間の失業保険を取得できる、そして失業率が6%以上の州は59週間の保険を取得できる。

これらの追加の失業保険は今年の年度末に有効期限が切れ、そして130万人の人々がその時にそれらを使い果たすことになるとNational Employment Law Projectは言う。下院で通過した失業保険の延長は上院でとめられそれはその計画をそれらの州で除外されるだろうからである。

上のチャートの紫色のラインが現在540万人の人が少なくとも27週間失業中で、失業者全体の35.6%に値する、これは記録が始まった1948年以来最高である。

広告