原油$建ての価格付けから遠のく計画

投稿者: whitegru3

多くの人が米$が準備金の地位を失うことに心配する必要がない、それはそれに変わる通貨が見つからないからであるといっている。しかしその討論は実際に$通貨から離れているうごきを無視している。

Globe and Mail(2008初期)から:

UBS Investement Researchのレポートによると、米国$をグローバル準備通貨であると処理することは間違っている。その90年支配している地位を失い始めている。『米国$を国際準備通貨としての使用は下落している。』とUBSのエコノミストPaul Donovan氏は言う。

『国際取引の米国$の市場シェアはこの先何ヶ月、何年にわたり下落していくことだろう。しかし持続する政策のあやまち-またはかなりの財政圧迫-が$の準備金通貨の地位を完全に失うことになるだろう。』

UBSのレポートでは、米国$の徐々の下落は世界の中銀によるものではなく、民間セクターにより、ここの企業が米国$を国際準備通貨として選択することを捨て始める。

『民間セクターの準備金の使用のほうが公式、中銀の準備金より重要である-20倍近い重要性がある、その解釈によるが』とDonovan氏は言っていた。『$から民間セクターが準備金として離れている証拠が2000年から加速している。』

もうひとつの$から少しずつ離れる進行中の努力がペルシャ湾岸諸国、中国、日本、フランスにより原油の売却を$ではなく通貨のバスケット建てでなされている。これはまったく新しい種のものではない。イランの日本への原油販売は円建てになっている:

Independnentから:

近年中東の歴史の中で一番深刻な金融変化は、ペルシャ湾アラブ諸国は-中国、ロシア、日本、フランスと一緒に原油取引を$建てですることを終了、その代わりに日本円、中国元、ユーロ、金、とサウジアラビア、アブダビ、クウェート、カタールを含むペエルシャ湾諸国カウンシルが選択する新たな通貨を含む通貨のバスケットに動いている。

この計画を進行するためにロシア、中国、日本、ブラジルの財務大臣と中銀の高官たちはすでに密かに会議を開いている。ということは原油は$での価格付けをされることがなくなるという意味である。

この会議が開かれているとに気づいているアメリカ人は-その詳細はまだわからないが-この国際陰謀に向かって戦うことは確かである、それには日本とペルシャ湾諸国との従来の忠実な連合も含む。これらの通貨会議の背景に対して、中国の中東への元特別使節Sun Bigan氏は、中東の原油と影響において中国と米国の関係の分割を深めるリスクがあると警告した。『二国間の紛争と衝突は間逃れない。』とAsia and Africa Reviewで発言。『われわれは中東のエネルギーと安全保障において敵意の用心を下げることができない』

広告