銀行は商業用不動産の損失に低く見積もっている

投稿者: whitegru3

Wall Street Journalから:

米国内での銀行は賃貸の支払いと物件価格の下落でやられている商業不動産ローンの損失を計上するのに遅い。とFedの先月の銀行規制のプリゼンで発表。

そのようなローンにひどくエクスポージャーが多い銀行は第2四半期に$1のローンに対してわずか38㌣を準備金の損失として蓄えている。とWSJの規制申告分析による。これは2007年初旬の$1のローンに対して$1.58の準備金を残していた時から大幅下落である。

WSJの分析には800以上の銀行がローンの半分以上が、アパートからオフィス・ビル、倉庫の商業用不動産に関連している。

Conway氏のプレゼンテーションは不動産価値の下落と巨額の借金が翌数年間に借り換えされる必要があるというくらい背景を物語っている。アパート、小売、倉庫の空き家率はすでに1990年初期の不動産崩壊時を上回っている。更に彼のレポートには、商業不動産の損失は来年には45%に達すると予測している。不動産の価格付けは常に銀行にとって扱いにくいものである、そして今ではその販売活動が実質ないに等しいため問題は特に深刻である。

先月のFedのプリゼンテーションでは銀行が不良商業用不動産ローンの損失を計上するのが遅いという批評をサポートしていた。銀行によって記録された商業用不動産価値は2005年から不動産価値の下落よりものすごく遅い率で記録されている。しかし銀行はそれらのローンの損失を吸収するのが遅れているのは、資本保護の不安からである。

商業用不動産ローンは住宅ローンの次に大きなローンの種類である。残存$3.4兆の商業用不動産ローンの半分は銀行によってほゆうされている。

広告