これでどうしてLehamnがつぶれたかわかった。

投稿者: whitegru3

1020-biz-SORKIN-500

NY TimesがAndrew Ross Sorkinが出版した『Too Big Too Fail』The Race to Save Lehman Brothers本の編集を抜き出した分を出している。このセクションはDick FuldがLehamanを救うための努力が出ている。

Lehmanを解明して上で。外部の人間にも明らかであるのは最終段階でFuld氏が可能性ある契約に価格が高すぎたために失敗した。契約成立の基本的ルールとして価格がすべてを決めるとある。Fuld氏は多分Neuberger Bermanを売却し少しの間生き残れたことだろう。韓国の投資化に売却できたはずだ。これを8月にできていたらLehamnを救うことができただろうか?独立した企業として、多分答えはNOであろう。しかしLemanの会社の身売り又は一部ができていたらより良い結果が生まれていたことだろう。現実的な話としてより多くののオペレーションの売却でより多くの職を救うことができたことだろう。ベアー・スターンズの元社員は自己の株式に対していくらか手に入った、そして少数だが職を保持することができた。ところでベアーは政府の援助受けたが、それはその投資銀行が明らかに致命的であると判断されてからである。

しかし、Sorkinが説明してる内容で3点気になる点がある。:

一つ目が、Fuld氏は早くて7月初期には絶望的であった。Sorkin氏はFuld氏を土曜日に可能性ある買収社であるBank of Americaに連絡する配置をさせた。彼は明らかに必死であったが、オファーの価格と契約条項も出しさず彼の明らかうろたえた状況に伴っていた。

2つ目がPaulsonとGeithnerはFuldの絶望さに気がついていた。WSJには早期にFuldがPaulsonにほとんど毎日のように電話をしていたと書いてあった。(そしてPaulsonは何かしら迷っていたと指摘してある。)Sorkinの抜粋にはFuldはGeithnerを通じてFedに銀行持ち株会社になる申請をしていたともある。

そして3つ目、なぜFuldは自分の契約を交渉しようとしていたのか?である。

広告